所蔵一覧

概要

鉄筋コンクリート建築の考古学
アナトール・ド・ボドーとその時代
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
登録番号 010044068
書 名 鉄筋コンクリート建築の考古学
副書名 アナトール・ド・ボドーとその時代
著者名 後藤武
出 版 者 東京大学出版会
分類記号1
N1512 外国建築史
出版年月日 2020/03/25
ISBN1 9784130668606
ペ ー ジ 272+43p
サ イ ズ 22cm
内容細目1 序章 記憶の再生 西洋建築史の中の鉄筋コンクリート
内容細目2 1 記憶の忘却
内容細目3 2 鉄筋コンクリート建築の先史
内容細目4 3 対象と方法
内容細目5 4 本書の構成
内容細目6 Ⅰ 考古学とモデルニテ アナトール・ド・ボドーの歴史理論
内容細目1 第1章 石から鉄へ 物質間を翻訳するヴィオレ=ル=デュク
内容細目2 1 分類から変移へ
内容細目3 2 <le style>の概念と比較解剖学
内容細目4 3 建築の変移説
内容細目5 4 原形質としての水晶
内容細目6 5 鉄の哺乳類
内容細目1 6 弾性と均衡 ゴシック建築の構造
内容細目2 7 石と鉄の複合
内容細目3 8 変移する近代建築
内容細目4 第2章 変移の歴史理論 歴史を遡行するアナトール・ド・ボドー
内容細目5 1 変移と再生
内容細目6 2 モノリスと骨組 古代ローマ建築構法解釈
内容細目1 2 ペンデンティヴの変移 ビザンティンからロマネスクへ
内容細目2 4 フライング・バットレスの変移 ロマネスクからゴシックへ
内容細目3 5 鉄の変移 19世紀建築の課題
内容細目4 6 アナトール・ド・ボドーの歴史理論
内容細目5 Ⅱ ロマノ=ビザンティン建築の系譜 ペンデンティブと鉄
内容細目6 第3章 ロマノ=ビザンティン建築の生成 歴史と現代を接続する建築理論
内容細目1 1 ロマネスクとビザンティンへの遡行
内容細目2 2 フランスのビザンティン建築
内容細目3 3 19世紀のロマノ=ビザンティン建築
内容細目4 4 ペンデンティブの再生 ポール・アバディ
内容細目5 リブ・ペンデンティヴ・システム ルイ=オービュスト・ボワロー
内容細目6 6 サン=シモン主義とロマノ=ビザンティン建築
内容細目1 7 折衷か変移か
内容細目2 第4章 現代建築としてのロマノ=ビザンティン建築 アナトール・ド・ボドーの切石組積建築
内容細目3 1 ランブイエのサン=リュバン協会の成立
内容細目4 2 ランブイエのサン=リュバン教会の構法
内容細目5 3 ラ・ロッシュ=ミレイのサン=ピエール教会とプリヴァのサン=ジャン教会
内容細目6 4 学校とホール
内容細目1 Ⅲ シマン・アルメ建築の生成 古代と近代の邂逅
内容細目2 第5章 鉄筋コンクリート建築技術の黎明 ポール・コタンサンのシマン・アルメ構法
内容細目3 1 格子と編物
内容細目4 2 仮想の菱面体
内容細目5 3 組積かモノリスか
内容細目6 4 シマンとベトン
内容細目1 5 システム・コタンサンとシステム・エヌビック
内容細目2 6 システム・コタンサンの応用
内容細目3 7 弾性とモノリスの統合
内容細目4 第6章 ネットワーク・ヴォールトの展開 アナトール・ド・ボドーのシマン・アルメ建築
内容細目5 1 シマン・アルメ建築の基本文法
内容細目6 2 初期のシマン・アルメ建築
内容細目1 3 サン=ジャン・ド・モンマルトル教会の構法
内容細目2 4 未完の大ホール計画の構法
内容細目3 5 アナトール・ド・ボドーの弟子たち
内容細目4 6 近代建築への影響 弾性と均衡の原理の展開
内容細目5 結章 シマン・アルメ建築生成の時間構造
内容細目6 附論 用語法と研究史
内容細目1 1 用語法
内容細目2 2 鉄筋コンクリート建築の考古学研究史
内容細目3 おわりに
内容細目4 図版出典一覧
内容細目5 アナトール・ド・ボドーの建築作品と図面リスト
内容細目6 参考文献
内容細目1 人名索引
内容細目2 事項索引

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    010044068

    保管場所コード
    01 一般書架コーナ