Holding List

Outline

コンクリート技術シリーズ
コンクリート構造物の養生効果の定量的評価と各種養生技術に関する研究小委員会(356委員会)成果報告書およびシンポジウム論文集

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010043545
Title コンクリート構造物の養生効果の定量的評価と各種養生技術に関する研究小委員会(356委員会)成果報告書およびシンポジウム論文集
Seriese コンクリート技術シリーズ
Series No. 122
Author 土木学会 コンクリート委員会 コンクリート構造物の養生効果の定量的評価と各種養生技術に関する研究小委員会(356委員会)(編)
Publisher 土木学会
Classification 1
G0104 セメント・コンクリート
Date of Pub. 2019/09/13
Page 244p
Size 30cm
Contents Note 1 1.はじめに
Contents Note 2 1.1 はじめに
Contents Note 3 1.2 356養生委員会の活動実績概要
Contents Note 4 1.3 養生の定義
Contents Note 5 2.養生による水和・空隙等に与える影響の整理
Contents Note 6 2.2 養生が物理的特性に与える影響
Contents Note 1 2.3 養生が鋼材腐食に与える影響
Contents Note 2 2.4 養生がコンクリートの劣化に与える影響
Contents Note 3 2.5 まとめ
Contents Note 4 3.アンケート調査に基づく養生の現状分析
Contents Note 5 3.1 はじめに
Contents Note 6 3.2 アンケートの概要
Contents Note 1 3.3 アンケートの分析結果と考察
Contents Note 2 3.4 まとめ
Contents Note 3 4.耐久性確保のための養生に関するケーススタディ
Contents Note 4 4.1 塩害と凍害の複合劣化の影響を受ける橋梁下部工
Contents Note 5 4.2 東北地方におけるRC床版の耐久性確保のための養生のあり方
Contents Note 6 4.3 東北地方における高耐久RC床版の施工
Contents Note 1 4.4 東北地方におけるNATMのトンネルの二次覆工コンクリートの耐久性確保のための養生のあり方
Contents Note 2 4.5 凍害環境におけるプレキャスト製品
Contents Note 3 4.6 凍結防止剤の影響を受ける壁高欄
Contents Note 4 4.7 水和解析に基づく養生計画立案手法の提案
Contents Note 5 4.8 養生のモニタリングと養生終了タイミングの決定方法
Contents Note 6 5.養生に関する課題と提言
Contents Note 1 5.1 養生に関する課題
Contents Note 2 5.2 養生に関する提言

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010043545

    Location Code
    01 一般書架コーナ