所蔵一覧

概要

ゴシック大聖堂の建築工匠
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
登録番号 010043949
書 名 ゴシック大聖堂の建築工匠
著者名 坊城俊成 坊城ガブリエラ知子
出 版 者 中央公論美術出版社
分類記号1
N1512 外国建築史
出版年月日 2020/01/30
ISBN1 9784805508794
ペ ー ジ 852p
サ イ ズ 22cm
内容細目1 緒言
内容細目2 序 『H・ハマーの画譜』の由来
内容細目3 ゴシック建築概史における教会堂・修道院
内容細目4 史料1 石切工兄弟団(一四五九年)の規約
内容細目5 史料2 パリの十三世紀、建築工人組合
内容細目6 第一部 教会堂史
内容細目1 第一部 教会堂史
内容細目2 第一章 サン・ドニ修道院教会堂史
内容細目3 一節 メロヴィング朝期のサン・ドニ修道院教会堂
内容細目4 二節 カロリング朝期のサン・ドニ修道院教会堂
内容細目5 三節 カペー朝期のサン・ドニ修道院教会堂
内容細目6 四節 建築工匠ピエール・ド・モントロイユ―十三世紀の完成―
内容細目1 五節 サン・ドニ修道院教会堂とストラスブール大聖堂の呼応
内容細目2 六節 サン・ドニ修道院教会堂~パリ郊外、同時代の教会堂
内容細目3 第二章 パリ聖母大聖堂史
内容細目4 第三章 シャルトル大聖堂史
内容細目5 一節 古代からフェルベール司教時代のシャルトル大聖堂
内容細目6 二節 十二世紀のシャルトル大聖堂
内容細目1 三節 十二世紀末大火後再建されたシャルトル大聖堂
内容細目2 第四章 ランス聖母大聖堂史
内容細目3 一節 カロリング朝期キリストの聖所とレミギウス
内容細目4 二節 カロリング朝期交差部
内容細目5 三節 十~十一世紀
内容細目6 四節 十二世紀~十三世紀初頭
内容細目1 五節 ラビリンスと建築工匠
内容細目2 六節 建築工匠ジャン・ドルベの仕事
内容細目3 七節 ジャン・ル・ルーとベルナール・ソワッソンの仕事
内容細目4 第五章 アミアン聖母大聖堂史
内容細目5 第六章 ヴィーン・シュテファン大聖堂史、神聖ローマ帝国の建築工匠
内容細目6 一節 ヴィーン・聖シュテファン大聖堂の沿革・建設
内容細目1 二節 ヴィーンにおけるゴシック様式と教会堂の経緯
内容細目2 三節 H・ハマーと神聖ローマ帝国の建築工匠
内容細目3 第二部 流域
内容細目4 第一章 セーヌ河流域
内容細目5 一節 パリからノルマンディー地方におけるレイヨナンとフランボワイアンの様式
内容細目6 二節 シャンパーニュ地方におけるレイヨナンとフランボワイアンの様式
内容細目1 第二章 ローヌ河・ソーヌ河流域
内容細目2 一節 フランシュ・コンテ地方における教会堂の建築様式
内容細目3 二節 プロヴァンス地方における教会堂の建築様式
内容細目4 第三章 ライン河流域
内容細目5 一節 ストラスブール大聖堂内陣、交差廊
内容細目6 二節 ストラスブール大聖堂、シャルトルから来た石工たちの貢献、南袖廊「天使の柱」
内容細目1 三節 ストラスブール大聖堂、シャルトルから来た建築工匠たちの貢献、自由七芸の英知
内容細目2 四節 ストラスブール大聖堂の西正面、そして南北袖廊礼拝堂
内容細目3 五節 ストラスブール大聖堂、赤色砂岩とアルザスの教会堂
内容細目4 七節 中世都市とその教会堂
内容細目5 第四章 ドナウ河流域
内容細目6 一節 ドナウ河畔の中世諸都市とその教会堂・建築工匠
内容細目1 二節 中世から反宗教改革期に至る三つの教会堂
内容細目2 第五章 モルダウ河流域 モルダウ河流域中世諸都市とその教会堂
内容細目3 第六章 H・ハマーの巡歴―『H・ハマーの画譜』レイヨナン期
内容細目4 一節 ゴシック大聖堂西正面破風
内容細目5 二節 ゴシック大聖堂の平面・断面・立面
内容細目6 三節 ゴシック大聖堂建設現場の起重機
内容細目1 四節 ゴシック大聖堂建設の基準寸法決定、施工、材料、測量
内容細目2 第二章 「H・ハマーの説教壇・三位一体礼拝堂」(実作品)、そして宗教改革前夜
内容細目3 第三章 『H・ハマーの画譜』フランボワイアン期
内容細目4 一節 階段・塔
内容細目5 二節 ヴォールト設計
内容細目6 三節 幾何学
内容細目1 最終章 十二~十五世紀ゴシック大聖堂―宗教・石工・建築
内容細目2 あとがき

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    010043949

    保管場所コード
    01 一般書架コーナ