所蔵一覧

概要

角川新書
地名崩壊
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
登録番号 010043633
書 名 地名崩壊
シリーズ書名 角川新書
著者名 今尾恵介
出 版 者 KADOKAWA
分類記号1
B0403 日本地理・地誌・風土
出版年月日 2019/11/10
ISBN1 9784040823003
ペ ー ジ 258p
サ イ ズ 18cm
件名 災害地名(沼、谷、蛇)は本当か?地名のトリックに騙されるな。(帯より)
内容細目1 まえがき
内容細目2 第1章 地名の成り立ちと由来
内容細目3 二人以上の人の間に共同に使用せらるる符号―柳田国男
内容細目4 地名の発生/区別するための符号/土地の特徴を反映した自然発作的な地名
内容細目5 大曲―大きく曲がる/赤坂―赤土の坂道/赤羽―赤い羽根なのか?/ママという地名―崖/ハバという崖もある/『武蔵野夫人』で有名になったハケ
内容細目6 地形に由来する地名
内容細目1 山そのものの地名/山は必ずしも山ではない?/台地の地名―ノとハラ 相模原と相模野/谷の地名―東はヤ、西はタニ
内容細目2 水上交通に由来する地名
内容細目3 港より湊の方が地名では一般的/津と泊の地名/近世では漁村を意味した「浦」
内容細目4 道に由来する地名
内容細目5 橋のつく地名―橋本、日本橋、京橋/道の地名―道・坂/日本に目立つ坂道地名―坂上・坂下・坂本/峠を「びょう」と読む謎―ツクシとの関連/駅の本来の意味
内容細目6 第2章 駅名と地名の関係
内容細目1 駅名は地名を採用するのが基本だが…
内容細目2 駅名に採用される地名の階層/丸の内線に「東京駅」の違和感/新幹線と飛行機の「駅名」はどうか
内容細目3 私鉄が神社仏閣を名乗りたがる理由
内容細目4 私鉄に目立つ「神社仏閣駅」/寺社への参拝客の重要性/帝釈天の縁日に本数倍増した京成電車/国鉄の神社仏閣駅は比較的少ない/寺社を積極的に名乗りたい私鉄
内容細目5 地元の地名より東・西・南・北・新・中央
内容細目6 東・西・南・北・中…の浦和駅/「浦和シリーズ」の現地名/いろいろな事情で「東西南北」に変更した駅/能代→機織→東能代/東西南北駅は昭和の大合併で増えた? など
内容細目1 「キラキラ駅名」はなぜ生まれるのか
内容細目2 「ゲートウェイ」は既定路線か/ニュータウン販売は駅名の差別化で/ワンランク上の住宅街の響き/ひらがな銀行・施設からひらがな市へ/若者が突きつけた「ダサい」
内容細目3 第3章 キラキラ地名が生まれる事情
内容細目4 好かれる地名・忌避される地名
内容細目5 下のつく地名は嫌われる?/昭和7年に東京で起きた「下」切り捨て/下大崎は消え、小字の五反田が大出世/上下とも消えた例・上下どちらも残った例/東京市が定めた新町名の命名方針/日向・日影のペア地名の運命
内容細目6 ブランド地名はどうなっていったか
内容細目1 当初の銀座は四丁目まで/銀座の「第一拡張」は震災復興事業/当用漢字がらみかブランド志向か―木挽町の消滅/地方にも続々と増える銀座/渋沢栄一が構想した田園都市―田園調布/学校名が由来の成城/リゾートの軽井沢
内容細目2 ひらがな・カタカナ地名の急増
内容細目3 平成の大合併で急増した「ひらがな市」/先行した市内のひらがな町名/難解地名ゆえのひらがな化も/近年増殖著しいカタカナ町名/テクノのつく町名も急増
内容細目4 第4章 土地の安全性が地名でわかるのか
内容細目5 忌避される「福島」の地名
内容細目6 福島は「災害地名」なのか/福島第一原発が県名を名乗る理由/水俣や四日市の地名は変わらない/帝銀事件と三河島事故が地名を葬った?/目白はいいけど池袋はちょっと…/東日本大震災後に注目された「危険地名」「災害地名」/「危険地名」は本当か/地名が陥りやすい「擬似科学」
内容細目1 蛇落地悪谷という地名
内容細目2 急斜面の麓の住宅地/ヤマタノオロチは土石流か/八木地区の「蛇落地」に地名を隠した?
内容細目3 地名が命名された地点と土地条件
内容細目4 自由ケ丘は本当に丘なのか/歴史的地名でも名と体は一致せず/崩壊地名で災害が本当に多いのか/地名がカバーするエリアは変遷する/淀川の栄枯盛衰から見えること
内容細目5 第5章 地名を崩壊させないために
内容細目6 維新・震災・戦災の後で激変した東京の地名
内容細目1 武家地に「町名」がついたのは明治初年/町人エリアは原則として江戸のまま/震災復興事業と区画整理/震災復興で町名は大幅に統廃合/82町村編入で誕生した「大東京市」と町名/旧郡城の大字を町名に「改変」/都市的でないからと「新田」を消去/地名にとって空前の災厄―住宅表示法/「恒久的な表示」のため歴史的地名を捨てる/時代の気分一新のための地名変更?
内容細目2 政令指定都市の増加と区名決定
内容細目3 さいたま市の行政区の決め方/中央区か与野区か/サクラソウの名所が「桜区」の疑問/既存市名を排除した新潟市の区名/「民主主義」の前に敗れた新津区/東西南北中が多い新政令指定都市
内容細目4 外国の自治体名
内容細目5 どんどん減っている日本の市町村数/ヨーロッパの自治体はどうなっているか/ドイツの合併新自治体の名称/合地地名が多い中国・韓国
内容細目6 合併新村名を濫造させた3度の合併
内容細目1 近代国家にふさわしい基礎自治体の創設/「合成地名」など新地名が激増
内容細目2 復活する地名
内容細目3 住民表示区域で初の旧町名復活―金沢市/各地で少しずつ復活/地名復活は本格化するか/地名から「瀕死の町」の蘇生へ

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    010043633

    保管場所コード
    01 一般書架コーナ