Holding List

Outline

河出文庫
江戸の牢屋
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010043638
Title 江戸の牢屋
Seriese 河出文庫
Author 中嶋繁雄
Publisher 河出書房新社
Classification 1
B0303 江戸・江戸時代
Date of Pub. 2019/11/20
ISBN 9784309417202
Page 225p
Size 15cm
Subjects 江戸の牢屋敷の実態とは!因獄―牢屋同心の仕組みと牢名主以下の囚人組織。牢屋の沙汰も金(ツル)次第。暗黒の獄内暮らしとは?(帯より)
Contents Note 1 はじめに
Contents Note 2 小伝馬町牢屋敷の世界
Contents Note 3 娑婆とのお別れ/死後入牢/吉宗の秘命/牢名主罷り通る/畳一畳百円/凄絶―岡っ引きへの復讐/闇の中の“人間リストラ”
Contents Note 4 非道探索控
Contents Note 5 暗黒世界の目付役/牢名主の非道を捨て身で告発/お前様、ツルをお持ちか?/牢内には煙草も酒もあった/出獄の機会/破獄の果て/寝耳に水の密告/牢抜けの術/間道を掘り始める/闇に消えた盲目の無宿人
Contents Note 6 残酷物語アラカルト
Contents Note 1 笞打ち/石抱き、海老責め/天野屋利兵衛への鉛責め/打ち首の知らせは半紙一枚/地獄門をくぐる
Contents Note 2 伊豆・佐渡・流刑の人
Contents Note 3 遠島出帆の朝/流人ころがし/神道教祖の三宅島遠島/禊教摘発/島抜け騒動の末路/佐渡の暗黒・水替人足
Contents Note 4 元祖“鬼平”の人足寄場
Contents Note 5 長谷川平蔵の登場/鬼と綽名された男/人足寄場の生活/人足たちが造った九段坂上の燈台/津波時に起きた奇跡/心のケアもあった
Contents Note 6 切支丹屋敷の異邦人
Contents Note 1 一万八百人を斬首・獄門/転ぶか倒懸りか/投票されたご金蔵破りの容疑者/犯人は内部にいる/切支丹屋敷から信者がでた!
Contents Note 2 幕末風雲の人 受難録
Contents Note 3 吉田松陰、密航をくわだてる/唐丸駕籠のなかからの講義/江戸での取り調べ/キメ板の洗礼/牢名主が初めて見た“異常人”/松陰が書いた牢内日誌/長州役人の残忍/死罪の骸を出す門から出発/野山獄入り/松下村塾時代/幕末激動の嵐/吉田松陰の処刑/高野長英の脱獄/「永牢」の宣告/大牢での日々/高野長英、牢名主となる/ぎりぎりの選択/放火による脱獄/長英自殺す/易占 高島嘉右衛門の決意/三十歳までに一万両の人相/安政の大地震/ついに牢屋敷大牢入り/「易経」との出会い/牢内厳禁の刃物が/暗黒の修羅場/血に染まった獄衣/“高島易断”の誕生/小伝馬町囚人への手紙
Contents Note 4 おわりに
Contents Note 5 文庫版あとがき
Contents Note 6 参考文献

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010043638

    Location Code
    01 一般書架コーナ