Holding List

Outline

広島 復興の戦後史
廃墟からの「声」と都市
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010044153
Title 広島 復興の戦後史
Sub Title 廃墟からの「声」と都市
Author 西井麻里奈
Publisher 人文書院
Classification 1
B0302 地方史・地域史
Date of Pub. 2020/03/30
ISBN 9784409241295
Page 378p
Size 20cm
Subjects 廃墟からの「復興」が唱えられるとき、聞こえなくなる声がある。生き残った人々は、自らの暮らしを取り戻すため、立退きをともなう都市計画に抗い、行政に対し多数の陳情書をしたため、声をあげようとした。本書はこの陳情書に初めて光を当てた画期的研究である。戦後広島を、無数の声とさまざまな力線が交差する空間とした描き出す渾身作。(帯より)
Contents Note 1 序章
Contents Note 2 1 先行研究と本書の位置づけ
Contents Note 3 2 本書の対象と方法
Contents Note 4 3 本書の構成
Contents Note 5 第1章 廃墟と描線―都市復興のなかの境界画定
Contents Note 6 1 戦災復興土地区画整理事業の開始
Contents Note 1 2 異議申し立ての声―陳情書の考察・七つの視点から
Contents Note 2 3 廃墟と描線
Contents Note 3 第2章 死者の都市―移動する墓碑の軌跡
Contents Note 4 1 死者と都市
Contents Note 5 2 復興事業と墓碑移転―誓願寺と川村義勇隊
Contents Note 6 3 適正化される空間―都市の復興と死者
Contents Note 1 コラム1 働いた者の手―復興の空間経験
Contents Note 2 第3章 顕在化する復興の境界線
Contents Note 3 1 一九五〇年代、都市の住宅復興
Contents Note 4 2 分岐する住まい―引き続く戦火の影響
Contents Note 5 3 立退きの延期を求める声
Contents Note 6 4 陳情書と都市―境界侵略/画定の発話行為
Contents Note 1 第4章 禁じられた復興を生きる―広島平和記念公園
Contents Note 2 1 公園に住む人々
Contents Note 3 2 記念空間の形成と立退き
Contents Note 4 3 原爆ドームを見上げる街
Contents Note 5 第5章 「不法占拠」という復興経験―1970年・相生通り調査から
Contents Note 6 1 「相生通り」調査の同時代
Contents Note 1 2 個人史のなかの調査経験
Contents Note 2 3 「いえ」がつくる「まち」
Contents Note 3 4 「基町のおと」の言葉のゆくえ
Contents Note 4 5 調査から記録へ―調査経験の再定位
Contents Note 5 コラム2 波紋を呼び寄せる―「相生」から現代美術館へ
Contents Note 6 終章 廃墟のなかの「声」を読みとく
Contents Note 1 あとがき
Contents Note 2 引用文献
Contents Note 3 初出一覧
Contents Note 4 図版資料の出典および提供者

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010044153

    Location Code
    01 一般書架コーナ