所蔵一覧

概要

祥伝社新書
不動産で知る日本のこれから
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
登録番号 010044173
書 名 不動産で知る日本のこれから
シリーズ書名 祥伝社新書
シリーズNo. 601
著者名 牧野知弘
出 版 者 祥伝社
分類記号1
L1503 不動産業一般
出版年月日 2020/04/10
ISBN1 9784396116019
ペ ー ジ 236p
サ イ ズ 18cm
件名 局地的な上昇を示す地域がある一方で、地方の地価は下がり続ける。高倍率で瞬時に売れるマンションがある一方で、金を出さねば売れない物件もある。いったい日本は、どうなっているのか?「不動産のプロ」であり、多くの現場に立ち会ってきた著者は、「不動産の動きを観察すれば、手に取るように経済がわかる」と言う。インバウンドの恩恵は続くのか?共働き夫婦の都心移住の行方は?そして、本当の買い時はいつなのか?景気後退が叫ばれ、先行きの不透明感が増すなか、日本経済を知るヒントがここに!(帯より)
内容細目1 はじめに
内容細目2 第1章 マンションは、どうなっていく?
内容細目3 タワーマンションを買うのは、東京を知らない地方の人たち
内容細目4 相続人が見つからない老朽マンションの悲鳴
内容細目5 築61年のマンション建て替えに見る、理想と現実
内容細目6 負動産から腐動産へ~越後湯沢リゾートマンションの屍処理
内容細目1 第2章 不動産新事情
内容細目2 「これから世代」の「家」の選び方
内容細目3 サブリース事業に見る「甘え」の構造
内容細目4 デベロッパーが恐れる、働き方改革
内容細目5 相続人が苦しむ禁断の果実 リバースモーゲージの功罪とは
内容細目6 「賃貸」VS「持ち家」のくだらない論争はそろそろやめにしよう
内容細目1 都内進学校と住宅選びの意外な関係
内容細目2 不動産がAIオタクに支配される時代へ
内容細目3 不動産は、揺さぶれば儲かる打ち出の小槌
内容細目4 空き家と所在不明土地 ~不動産放置プレイの蔓延
内容細目5 墓ビルに忍び寄るスラム化の危機
内容細目6 法律改正というビックボーナスに躍る不動産業界
内容細目1 第3章 不動産の背景は、こうなっている!
内容細目2 あなたのいる土地の下に眠るもの
内容細目3 会社に通うための家を買う、働き盛りの貧しき思考能力
内容細目4 子供が親にしてもらいたい「家」の後片付け
内容細目5 私権が強すぎる日本の不動産所有権
内容細目6 第4章 地方はどうなる?観光はどうなる?
内容細目1 お客様はどろぼう様?
内容細目2 シャッター通り商店街は、何が問題なのか
内容細目3 一泊二食付きの馬鹿げたシステムが日本旅館を滅ぼす
内容細目4 活況を呈する宿泊業界の落とし穴
内容細目5 続々誕生する外国人村は、日本を救うのか?
内容細目6 地価500倍の宮古島バブル
内容細目1 日本に不人気の鳥取県が、外国人に好かれるわけ
内容細目2 別府温泉が今、熱い!続々オープンするリゾートホテルに沸き返る街
内容細目3 第5章 都市開発の行方
内容細目4 マッカーサー道路が分断したオジサンの街、新橋の明暗
内容細目5 埼玉県の植民地=池袋は翔ぶことができるか
内容細目6 ネズミと共存ができるか?豊洲新市場
内容細目1 「縦」に延びる街の意外な盲点
内容細目2 鉄道相互乗り入れが、路線ブランドイメージを破壊する
内容細目3 東京にも「街間格差」の時代が来る

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    010044173

    保管場所コード
    01 一般書架コーナ