Holding List

Outline

古地図で大江戸おさんぽマップ
江戸の街づくりが見える!
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010043639
Title 古地図で大江戸おさんぽマップ
Sub Title 江戸の街づくりが見える!
Author 山本博文(監修)
Publisher 実業之日本社
Classification 1
B0401 日本地図
Date of Pub. 2019/11/05
ISBN 9784408338910
Page 111p
Size 26cm
Subjects 昔の街をたどり、江戸・東京を深く知る!現在の地図情報入りで、土地勘がつかみやすい!歩ける縮尺の古地図には、現代の地図も掲載!(帯より)
Contents Note 1 はじめに
Contents Note 2 序章
Contents Note 3 江戸歩きに欠かせない「切絵図」/古地図には何が描かれている?
Contents Note 4 第一章 古地図でたどる江戸の町づくり
Contents Note 5 徳川三代、「大江戸」の基礎を築く/江戸城下町の七割は武家地!/古地図で探訪!大名屋敷の役割/「明暦の大火」で江戸が一変!/通りを挟んでつくられた「両側町」/江戸の範囲はどこからどこまで?/江戸の町を上水道が潤す/江戸は「水都」だった!/日本橋から全国へ延びた五街道/通り町筋はなぜ屈折している?/江戸の玄関だった「江戸四宿」/寛永寺と増上寺が江戸を守る!/「御台場」はもともと軍事施設!/「鷹狩」で支配体制を固める/道と橋を管理していたのは誰?/下水道の整備は排水が目的!/「日本橋」はなぜ現在の場所に?
Contents Note 6 第二章 古地図で読み解く江戸の暮らし
Contents Note 1 「大木戸」で不審者の通行を阻止/江戸時代の交番「辻番」って?/「町奉公所」が江戸の治安を守る/八丁堀から出勤した与力と同心/「町年寄」が江戸の町政を担当/囚人は「牢屋敷」に一時収容!/公開処刑で犯罪を未然に防ぐ!/日本橋に集められた「御用商人」/幕府の米蔵があったから「蔵前」/「人足寄場」で自立を促す!/「金座」は金貨、「銀座」は銀貨/人々に時を告げた「時の鐘」/「町火消」は江戸の消防団/幕府は農民をどう支配した?/ゴミの埋立てで新田開発!/「小石川養生所」が庶民を救済!
Contents Note 2 第三章 古地図でわかる江戸城のつくり
Contents Note 3 江戸城にはどんな建物があった?/「天守」が再建されなかったワケ/古地図で見る本丸御殿【表】/古地図でみる本丸御殿【中奥】/古地図で見る本丸御殿【大奥】/「西の丸御殿」は何に使われた?/「吹上」は将軍家の憩いの場!/敵の侵略を防ぐための「見附」
Contents Note 4 第四章 古地図で楽しむ江戸の娯楽
Contents Note 5 「新吉原遊郭」は城郭構造だった?/江戸っ子を熱狂させた「江戸三座」/「火除地」「広小路」が繁華街に!/「富士塚詣で」江戸で大流行!/八代将軍が「花見」の場を提供!
Contents Note 6 COLUMN 江戸の歳時記
Contents Note 1 春/夏/秋/冬
Contents Note 2 古地図クレジット一覧
Contents Note 3 主な参考文献

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010043639

    Location Code
    01 一般書架コーナ