所蔵一覧

概要

再開発は誰のために?
欺罔と浮利で固められたマンション「ラ・トゥール代官山」
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
登録番号 010044001
書 名 再開発は誰のために?
副書名 欺罔と浮利で固められたマンション「ラ・トゥール代官山」
著者名 竹居治彦
出 版 者 新評論
分類記号1
H02 住宅政策・住宅問題
出版年月日 2020/02/28
ISBN1 9784794811448
ペ ー ジ 298p
サ イ ズ 19cm
件名 欺罔とは、騙すこと、一杯食わせること。浮利とは、あぶく銭のこと。行政と不動産業者の癒着が街と法を破壊する…。住民目線で徹底調査を行った執念の取材記録。(帯より)
内容細目1 事のはじまり
内容細目2 第1章 我が町「鶯谷町」―その歴史と地域環境
内容細目3 第2章 桑原区長の誕生と渋谷区における住友不動産の動き
内容細目4 第3章 桑原区長と住友不動産の癒着
内容細目5 第4章 本命の「ラ・トゥール代官山」の建設へ―桑原区長、住友不動産、西松建設
内容細目6 第5章 住友不動産は一切の妥協を許さない強権で説明会にのぞんだ―二〇〇七(平成一九)年四月二五日
内容細目1 第6章 「渋谷駅中心地区・まちづくりガイドライン2007」の正体
内容細目2 第7章 住友不動産の前に立ちはだかる大遺跡群
内容細目3 第8章 工事開始―儀式にも似た東京都開発審査会の審議
内容細目4 第9章 建築工事協定、労働慣行を無視した突貫工事
内容細目5 第10章 工事が後半に入った二〇一〇年四月、重大な事実が判明
内容細目6 第11章 開発許可と建築確認を同時に行う神業のような違法行為
内容細目1 第12章 工事終了後、住友不動産と渋谷区役所から住民が受けた二次被害
内容細目2 第13章 再開発事業に名を借りた渋谷区役所のまち壊し体質
内容細目3 おわりに
内容細目4 鼎談 違法建築物「ラ・トゥール代官山」―違法性を徹底分析し、明らかにするために
内容細目5 補論① 建築物「ラ・トゥール代官山」を「法律上適法」としたフィクションに使われたトリック―「一団地」と「総合設計制度」について
内容細目6 著者あとがき―新憲法では、「私」の権利は侵されてはならないと規定されている
内容細目1 「うぐいす住宅・渋谷区・西松建設・住友不動産」関連年表

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    010044001

    保管場所コード
    01 一般書架コーナ