Holding List

Outline

バリアフリー体験ワークブック
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010044471
Title バリアフリー体験ワークブック
Author 八藤後猛
Publisher 彰国社
Classification 1
G0302 建築計画・建築設計
Date of Pub. 2020/09/10
ISBN 9784395321520
Page 129p
Size 26cm
Subjects 障害者を生み出すバリアの正体とは何か?本書では、高価な器具を用いずに、車いす、手づくりのキット、スマフォアプリを駆使して、移動や見え方、聞こえ方の違いを自ら体験し、考察する。マニュアルの根拠を確認し、それを超えたバリアのない環境をつくり出す力を身につけるためのワークブック(帯より)
Contents Note 1 <はじめに>
Contents Note 2 第Ⅰ章 運動・移動と環境 「車いす」から歩行環境を考える
Contents Note 3 <本章で学ぶこと>
Contents Note 4 <WORK1>車いすのイメージをスケッチしてみる
Contents Note 5 1 車いすの種類と各部名称を知る
Contents Note 6 2 車いすのスケッチからわかること
Contents Note 1 <WORK2>車いすに乗ってみる、押してみる
Contents Note 2 3 車いすを図面化する目的とそのプロセス
Contents Note 3 <WORK3>自走用標準形車いすの寸法をはかり、図面化する
Contents Note 4 <WORK4>車いすのテンプレートをつくって、トイレの図面の中で動かしてみる
Contents Note 5 4 多機能トイレと車いす簡易型便房
Contents Note 6 <WORK5>車いすに乗って、目線の高さや到達範囲をはかる
Contents Note 1 5 計測において留意したいこと
Contents Note 2 <WORK6>車いすが転回するときに必要な幅をはかる
Contents Note 3 <WORK7>車いすの重さと重心位置をはかる
Contents Note 4 6 車いすの重心位置、そしてベビーカーまで考える
Contents Note 5 <WORK8>車いすの通抜けや通行に必要な幅をはかる
Contents Note 6 <WORK9>車いすが道路を曲がる、部屋に入るために必要な道路幅をはかる
Contents Note 1 <WORK10>杖、車いす、ベビーカーの使用者が通り抜けや交通に必要な道路幅をはかる
Contents Note 2 <WORK11>車いすで越えられる段差とその力をはかる
Contents Note 3 7 スロープ(斜面路)のワークに入る前に
Contents Note 4 <WORK12>車いすで異なる角度のスロープを体験し、スロープ上で位置を保つために必要な力をはかる
Contents Note 5 8 車いすを動かす推進力(トルク)について
Contents Note 6 第Ⅱ章 視覚・視力と環境 障害による見え方の違いを体験する
Contents Note 1 <本章で学ぶこと>
Contents Note 2 1 照度と輝度の違いを知る
Contents Note 3 2 照度と輝度をどう区別するか
Contents Note 4 <WORK1>室内のさまざまな場所の照度・輝度をはかる
Contents Note 5 <WORK2>まちの中のさまざまな場所の照度・輝度をはかる
Contents Note 6 3 視力、ランドルト環、視覚障害を知る
Contents Note 1 <WORK3>ランドルト環をつくり、視力をはかる
Contents Note 2 <WORK4>市販の眼鏡、もしくはシミュレーションレンズを使って、視力障害の見え方を体験する
Contents Note 3 4 視覚狭窄を体験する
Contents Note 4 <WORK5>視野角の異なるシミュレーションツールをつくる
Contents Note 5 5 色覚障害を体験する
Contents Note 6 <WORK6>さまざまな場所の色を数値で表してみる
Contents Note 1 <WORK7>色覚障害による色の見え方を体験する
Contents Note 2 第Ⅲ章 聴覚・聴力と環境 音の聞こえ方の違いと騒音を体験する
Contents Note 3 <本章で学ぶこと>
Contents Note 4 1 音の基本と聴覚のメカニズムを知る
Contents Note 5 <WORK1>聴覚障害を体験する
Contents Note 6 <WORK2>聴力をはかる
Contents Note 1 2 騒音をはかり、評価する
Contents Note 2 <WORK3>騒音をはかる
Contents Note 3 <WORK4>高齢者や難聴者には、周囲の音がどのように聞こえているかを評価する
Contents Note 4 <あとがき>
Contents Note 5 など

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010044471

    Location Code
    01 一般書架コーナ