Holding List

Outline

天安門広場
中国国民広場の空間史
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010044478
Title 天安門広場
Sub Title 中国国民広場の空間史
Author 市川紘司
Publisher 筑摩書房
Classification 1
N1512 外国建築史
Date of Pub. 2020/08/29
ISBN 9784480858177
Page 473p
Size 22cm
Subjects 世界最大の広場、その語られざる歴史/中国近代革命の中心地は、1949年まで「無名の空間」だった。新進気鋭の建築史家が膨大な現地資料を読み解き、中国都市史の巨大な空隙に挑む。貴重な図版を多数収録した、日本初の本格的研究。(帯より)
Contents Note 1 序章 「革命史観」からこぼれ落ちた歴史
Contents Note 2 第一章 禁地開放
Contents Note 3 1 不可視の空間
Contents Note 4 2 辛亥革命
Contents Note 5 3 儀礼の変質
Contents Note 6 第二章 広場を奪い合う 五四運動とその後
Contents Note 1 1 五四運動のなかの天安門広場
Contents Note 2 2 頻発するデモ活動 一九二〇年代
Contents Note 3 3 北京政府と中国国民党
Contents Note 4 第三章 揺れる位置付け 一九二〇~三〇年代の建設と計画
Contents Note 5 1 森林化した広場
Contents Note 6 2 開発か、保存か
Contents Note 1 第四章 メディアとしての天安門
Contents Note 2 1 孫文を記念する
Contents Note 3 2 プロパガンダを掲げる 日中戦争時代
Contents Note 4 第五章 一九四九年に切断線を引く 中国共産党とその「空間政治」
Contents Note 5 1 建国セレモニー
Contents Note 6 2 人民英雄記念碑
Contents Note 1 3 国章
Contents Note 2 第六章 東西軸の創出、南北軸の延伸
Contents Note 3 1 日本の占領都市計画
Contents Note 4 2 首都計画
Contents Note 5 3 広場の造形 一九五〇年代の計画案
Contents Note 6 終章 「施設」以前・以後
Contents Note 1
Contents Note 2 図版出典
Contents Note 3 あとがき
Contents Note 4 史料・主要参考文献
Contents Note 5 索引

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010044478

    Location Code
    01 一般書架コーナ