Holding List

Outline

リスクの正体
不安の時代を生き抜くために
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010044485
Title リスクの正体
Sub Title 不安の時代を生き抜くために
Author 神里達博
Publisher 岩波書店
Classification 1
C0509 リスクマネジメント
Date of Pub. 2020/06/19
ISBN 9784004318361
Page 263p
Size 18cm
Contents Note 1 はしがき
Contents Note 2 Ⅰ 感染症のリスク
Contents Note 3 広がる“COVID-19”― 難局をどう乗り切るか
Contents Note 4 MERS感染拡大―文明が生んだ不意の一撃
Contents Note 5 はしかの流行とワクチン接種
Contents Note 6 26年ぶりに日本に現れた豚コレラ
Contents Note 1 Ⅱ 自然災害と地球規模のリスク
Contents Note 2 御嶽山の突然の噴火
Contents Note 3 「宙づりの日々」
Contents Note 4 繰り返す豪雨災、力ずくの治水の限界
Contents Note 5 地震のリスク―予知より「備え」に知恵を
Contents Note 6 未来のリスク
Contents Note 1 新潟県糸魚川・アスクル火災の教訓
Contents Note 2 ヒアリ騒動を考える
Contents Note 3 地球温暖化問題はなぜ難しいか
Contents Note 4 地質学と「チバニアン」
Contents Note 5 世界の水問題とバーチャル・ウォーター
Contents Note 6 災害が多発した2018年
Contents Note 1 遅れた台風15号の被害のは悪
Contents Note 2 日本列島と自然災害
Contents Note 3 Ⅲ 新技術とネットワーク社会
Contents Note 4 ドローンの功罪
Contents Note 5 「シェール革命」と中東の緊張
Contents Note 6 人工知能と囲碁
Contents Note 1 自動運転車の未来
Contents Note 2 「もんじゅ」と「豊洲市場」
Contents Note 3 拡がる「ポスト真実」
Contents Note 4 仮装通貨の理念と課題
Contents Note 5 情報化がもたらす変化
Contents Note 6 日本の「イノベーション政策」
Contents Note 1 「ブロックチェーン」再考
Contents Note 2 量子コンピューターの可能性
Contents Note 3 Ⅳ 市民生活の「安全安心」
Contents Note 4 食のリスクとメディア
Contents Note 5 ジャーナリストと行政
Contents Note 6 少年犯罪への視線
Contents Note 1 老朽インフラ劣化の危機
Contents Note 2 バンコク爆破テロとリスク社会
Contents Note 3 パリ同時テロの衝撃
Contents Note 4 「プロのモラル」
Contents Note 5 相模原障害者施設殺傷事件から考える
Contents Note 6 映画『シン・ゴジラ』を観て
Contents Note 1 高齢ドライバーの事故
Contents Note 2 豊洲市場のベンゼン騒動
Contents Note 3 時代の「杞憂」
Contents Note 4 テロの「恐怖」の拡散
Contents Note 5 相次ぐ品質検査の不祥事
Contents Note 6 高齢化社会と法医学
Contents Note 1 裁量労働制の落とし穴
Contents Note 2 49日も逃走できた理由は……
Contents Note 3 自己責任論の思想
Contents Note 4 Ⅴ 時代の節目を読む
Contents Note 5 ノーベル賞ラッシュ
Contents Note 6 過剰なパッシングのメカニズム
Contents Note 1 「ゆとり世代批判」の貧困
Contents Note 2 トランプ大統領誕生が意味するもの
Contents Note 3 新時代の教育改革
Contents Note 4 「冷戦後」の終わり
Contents Note 5 ICANのノーベル平和賞受賞と日本
Contents Note 6 「失われた30年」の正体
Contents Note 1 相対化するテレビの地位
Contents Note 2 令和フィーバーに思う
Contents Note 3 加藤典洋氏の「ねじれ」論
Contents Note 4 研究不正―事実と虚構の壁が溶けたか
Contents Note 5 「文理融合」の好奇心
Contents Note 6 ドラマが描く五輪と国家
Contents Note 1 「安全安心」とリスク
Contents Note 2
Contents Note 3 あとがき
Contents Note 4 読書案内/参考文献

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010044485

    Location Code
    01 一般書架コーナ