Holding List

Outline

中世鎌倉のまちづくり
災害・交通・境界
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010043847
Title 中世鎌倉のまちづくり
Sub Title 災害・交通・境界
Author 高橋慎一朗
Publisher 吉川弘文館
Classification 1
J01 都市一般
Date of Pub. 2019/11/01
ISBN 9784642083614
Page 215p
Size 20cm
Subjects 鎌倉は“柏餅”だった!? 餅は京都風文化、餡は武士の合理的文化、包む葉形は都市の姿。(帯より)
Contents Note 1 鎌倉文化は「柏餅」
Contents Note 2 Ⅰ 都市をつくる・維持する
Contents Note 3 一 鎌倉の山と谷
Contents Note 4 鎌倉の山/『吾妻鏡』に見える山の名前/山と都市鎌倉の生活/谷戸それぞれの歴史
Contents Note 5 二 鎌倉の災害
Contents Note 6 都市の災害/火が襲う―火災/水があふれる―水害/風が吹き抜ける―風害/発生と領主
Contents Note 1 三 鎌倉を襲った中世の大地震
Contents Note 2 三つの大地震/正嘉の大地震/正応の大地震/明応の大地震/地震と文献史料
Contents Note 3 四 中世鎌倉の橋
Contents Note 4 小規模な橋/繁華街の形成/軍事上のポイント/特殊な空間/橋の維持管理/シンボルとしての橋/中世鎌倉に見る橋の機能
Contents Note 5 五 都市鎌倉と禅宗寺院
Contents Note 6 中世都市鎌倉の展開/山内の景観/中世都市と塔/建長寺・円覚寺の華厳塔/禅宗寺院と塔/禅宗寺院の境致と都市の景観
Contents Note 1 Ⅱ 都市に暮らす・都市を訪れる
Contents Note 2 一 中世都市鎌倉―武家政権中心の諸相
Contents Note 3 鎌倉の西と東―若宮大路の整備で東西を隔てる/行き来する人々―武士のほかに人夫や労働者も/訴訟のための鎌倉滞在―滞在のために借金も/都市の治安維持―人身売買も横行
Contents Note 4 二 中世都市と三浦一族
Contents Note 5 都市と武士/三浦一族と鎌倉杉本/三浦一族と鎌倉亀谷/三浦一族と京都
Contents Note 6 三 一遍にとっての鎌倉
Contents Note 1 『一遍聖絵』第五の風景はどこか/鎌倉のシンボルとしての鶴岡八幡/一遍は八幡宮に参詣したか/中心と周縁―鎌倉と片瀬/描かれたものと描かれなかったもの―聖絵の意図
Contents Note 2 四 鎌倉の境界と周辺
Contents Note 3 都市の内と外/『一遍聖絵』の木戸/都市鎌倉の境界/宿の木戸/木戸の機能/鎌倉と周辺地域の関係
Contents Note 4 五 鎌倉の武家屋敷
Contents Note 5 鎌倉に住む武士/今小路西遺跡の武家屋敷/『吾妻鏡』に見る接客空間/上層武士の屋敷の構成
Contents Note 6 おわりに

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010043847

    Location Code
    01 一般書架コーナ