Holding List

Outline

群集マネジメント総論
理論と実践
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010044279
Title 群集マネジメント総論
Sub Title 理論と実践
Author 東京大学社会連携部門 群集マネジメント研究会
Publisher 東京大学出版会
Classification 1
C0509 リスクマネジメント
Date of Pub. 2020/06/15
ISBN 9784130611657
Page 180p
Size 25cm
Subjects 群集をいかに安全に、かつ効率良く移動させることができるか? これまでの様々な知恵を新たに群集マネジメントの体系としてまとめるのは時機を得た有意義な取り組みであろう。群集のセンシングに始まり、シミュレーションによる行動予測、そしてリスクアセスメントから群集制御までを一つの枠組みで科学的に整理し、標準化していくことで、群集の安全に大きく貢献することが期待される。(帯より)
Contents Note 1 はじめに
Contents Note 2 1章 群集マネジメントの概要
Contents Note 3 1.1 群集マネジメントとは何か
Contents Note 4 1.2 ステイクホルダーと群集情報について
Contents Note 5 1.3 群集マネージャーについて
Contents Note 6 1.4 本書の構成について
Contents Note 1 2章 群集の特性
Contents Note 2 2.1 定性的な群集特性
Contents Note 3 2.2 定量的な群集特性
Contents Note 4 3章 群集事故
Contents Note 5 3.1 群集事故の種類
Contents Note 6 3.2 群集事故の事例と分類
Contents Note 1 3.3 マネジメントの役割
Contents Note 2 3.4 これまでに発生した群集事故とその概略
Contents Note 3 4章 リスクアセスメント
Contents Note 4 4.1 リスクアセスメントの位置づけ
Contents Note 5 4.2 リスクレベルの決定
Contents Note 6 4.3 リスクアセスメントから群集制御へ
Contents Note 1 5章 群集のセンシング
Contents Note 2 5.1 人のセンシングについて
Contents Note 3 5.2 コンピュータビジョン
Contents Note 4 5.3 距離センサー
Contents Note 5 5.4 ローカリゼーション技術
Contents Note 6 5.5 ネットワークデバイススキャナ
Contents Note 1 5.6 慣性センサー
Contents Note 2 5.7 その他の方法
Contents Note 3 5.8 センシングの方法の選択と比較
Contents Note 4 5.9 センシング技術の将来と新たな動向
Contents Note 5 6章 群集シミュレーション
Contents Note 6 6.1 はじめに
Contents Note 1 6.2 群集シミュレーターの種類とモデリングアプローチ
Contents Note 2 6.3 セルオートマトンモデル
Contents Note 3 6.4 ソーシャルフォースモデル
Contents Note 4 6.5 ネットワークモデル
Contents Note 5 6.6 その他のアプローチ
Contents Note 6 6.7 シミュレータの選択と比較
Contents Note 1 6.8 群集シミュレーションの評価
Contents Note 2 6.9 結果の視覚化
Contents Note 3 7章 群集制御の方法と運用
Contents Note 4 7.1 群集制御のステージ
Contents Note 5 7.2 情報マネジメントによる非物理的制御
Contents Note 6 7.3 物理的な制御方法
Contents Note 1 7.4 その他のアプローチ
Contents Note 2 8章 プランニング
Contents Note 3 8.1 基本的な考え方
Contents Note 4 8.2 与件と運用の決定
Contents Note 5 8.3 プランニングにおける通常のリスクアセスメント
Contents Note 6 8.4 異常時を想定したリスクアセスメント
Contents Note 1 8.5 プランニングから本番へ
Contents Note 2 まとめ
Contents Note 3 参考文献

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010044279

    Location Code
    01 一般書架コーナ