所蔵一覧

概要

建築家 浦辺鎮太郎の仕事
倉敷から世界へ、工芸からまちづくりへ
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
登録番号 010043582
書 名 建築家 浦辺鎮太郎の仕事
副書名 倉敷から世界へ、工芸からまちづくりへ
著者名 浦辺鎮太郎建築展実行員会(監修) 松隈洋(編著) 笠原一人 等(編著)
出 版 者 学芸出版社
分類記号1
G0502 建築家・設計事務所
出版年月日 2019/10/20
ISBN1 9784761532529
ペ ー ジ 319p
サ イ ズ 26cm
件名 初公開資料132点 生誕110周年、没後初の集大成/大原美術館分館、倉敷国際ホテル、倉敷アイビースクエアなど、街並みを育む建築を追い求めた“地域建築家”の全軌跡(帯より)
内容細目1 ごあいさつ
内容細目2 浦辺鎮太郎と倉敷と大原總一郎 大原謙一郎
内容細目3 知られざる浦辺鎮太郎の建築 藤森照信
内容細目4 市民のための建築を求めて 松葉一清
内容細目5 クラフトとインダストリーをつないで 松隈洋
内容細目6 序章 営繕技師としての出発 1934-1950年
内容細目1 第1章 倉敷に根ざした地域主義の実践 1951-1963年
内容細目2 二大続けた倉敷のまちづくり 上田恭嗣
内容細目3 浦辺鎮太郎と工業化 花田佳明
内容細目4 異なるモノをつなぐ対話的感性 竹原義二
内容細目5 01 日本基督教団西条栄光教会(礼拝堂・牧師館・西条栄光幼稚園)
内容細目6 02 倉敷考古館増築
内容細目1 03 旅館くらしき・珈琲館
内容細目2 04 プレファブ住宅・PH-1
内容細目3 05 倉敷レイヨン岡山第2工場
内容細目4 06 倉敷レイヨン高槻アパート(RC-6型)・独身寮
内容細目5 07 日本工芸館
内容細目6 08 石井記念愛染園女子単身者住宅・保育所
内容細目1 09 石井記念愛染園愛染橋病院
内容細目2 10 京都航空ビル
内容細目3 11 大原美術館分館
内容細目4 12 倉敷国際ホテル
内容細目5 13 倉敷ユースホステル
内容細目6 14 浜幸ビル
内容細目1 第2章 倉敷モデルの展開から転換へ 1964-1974年
内容細目2 モダニズムと「日本」―浦辺鎮太郎の葛藤と位置 重村力
内容細目3 倉敷のまちが浦辺から受け継ぐもの 樽村徹
内容細目4 残された浦辺精神の現在 西村清是
内容細目5 16 東京造形大学
内容細目6 17 西条市立郷土博物館東予民芸館(現・愛媛民芸館)
内容細目1 18 東京女子大学研究本館1・2号館
内容細目2 19 倉敷レイヨン中央研究所(現・クラレくらしき研究センター)
内容細目3 20 倉敷文化センター(現・倉敷公民館)
内容細目4 21 西鉄グランドホテル
内容細目5 22 倉敷商工会館
内容細目6 23 倉敷市水道局庁舎(現・倉敷市立自然史博物館)
内容細目1 24 倉敷市民会館
内容細目2 25 倉敷アイビースクエア
内容細目3 第3章 ポスト・モダン時代の自在な造形
内容細目4 浦辺さんとポスト・モダニズム 松葉一清
内容細目5 庁舎建築から見る浦辺鎮太郎 笠原一人
内容細目6 都市デザインの横浜と浦辺の関わり 曽我部昌史
内容細目1 26 千里阪急ホテル
内容細目2 27 紀伊風土記の丘松下記念資料館
内容細目3 28 黒住教新霊地神道山大教殿
内容細目4 29 倉敷市庁舎
内容細目5 30 倉敷中央病院
内容細目6 31 倉敷駅前再開発東ビル・西ビル
内容細目1 32 三州足助屋敷
内容細目2 33 六高記念館
内容細目3 34 日本女子大学成瀬記念館
内容細目4 35 大佛次郎記念館
内容細目5 36 横浜開港資料館
内容細目6 37 神奈川近代文学館・霧笛橋
内容細目1 浦辺鎮太郎の言葉
内容細目2 掲載作品地図
内容細目3 年表
内容細目4 文献目録
内容細目5 作品リスト
内容細目6 出典
内容細目1 English Texts
内容細目2 など

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    010043582

    保管場所コード
    01 一般書架コーナ