Holding List

Outline

アフターデジタル2 UXと自由
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

On loan

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010044500
Title アフターデジタル2 UXと自由
Author 藤井保文
Publisher 日経BP
Classification 1
C0401 経済一般
Date of Pub. 2020/07/29
ISBN 9784296106318
Page 238p
Size 21cm
Contents Note 1 まえがき アフターデジタル社会を作る、UXとDXの旗手へ
Contents Note 2 第1章 世界中で進むアフターデジタル化
Contents Note 3 1-1 アフターデジタル概論
Contents Note 4 1-2 アジアに学ぶスーパーアプリ
Contents Note 5 1-3 量から質に転換した2019年の中国
Contents Note 6 1-4 インドに見る「サービスとしての政府」
Contents Note 1 1-5 米国から押し寄せるD2Cの潮流
Contents Note 2 1-6 日本社会、変化の兆し
Contents Note 3 第2章 アフターデジタル型産業構造の生き抜き方
Contents Note 4 2-1 変化する産業構造への対応
Contents Note 5 2-2 決済プラットフォーマーの存在意義
Contents Note 6 2-3 「売らないメーカー」の脅威
Contents Note 1 2-4 アフターデジタル潮流の裏をかく
Contents Note 2 2-5 「価値の再定義」が成否を分ける 続・ラッキンコーヒーVSスターバックス
Contents Note 3 2-6 第2章のまとめ
Contents Note 4 第3章 誤解だらけのアフターデジタル
Contents Note 5 3-1 日本はアフターデジタル型産業構造になるか?
Contents Note 6 3-2 来るOMO、来ないOMO
Contents Note 1 3-3 「デジタル注力」の落とし穴
Contents Note 2 3-4 データエコシステムとデータ売買の幻想
Contents Note 3 3-5 個社で持つデータにこそ意味がある
Contents Note 4 3-6 DXの目的は「新たなUXの提供」
Contents Note 5 3-7 第3章のまとめ
Contents Note 6 第4章 UXインテリジェンス 今私たちが持つべき精神とケイバビリティ
Contents Note 1 4-1 より良い未来、社会を作っていくための提起
Contents Note 2 4-2 人がその時々で自分らしいUXを選べる社会へ
Contents Note 3 4-3 UXと自由の精神 企業のDXが社会をアップデートする
Contents Note 4 4-4 UXインテリジェンスの企業家精神
Contents Note 5 4-5 UXインテリジェンスの全体構造 バリュージャーニーを形作るUX・データ・AIのループ
Contents Note 6 4-6 UXインテリジェンスの基礎ケイバビリティ ユーザーの置かれた状況を理解する
Contents Note 1 4-7 UXインテリジェンスのケイバビリティ1 ビジネス構築のためのUX企画力
Contents Note 2 4-8 UXインテリジェンスのケイバビリティ2 グロースチーム運用のためのUX企画力
Contents Note 3 4-9 第4章まとめ
Contents Note 4 第5章 日本企業への処方箋 あるべきOMOとUXインテリジェンス
Contents Note 5 5-1 流通系OMOは「オペレーションとUXの両立」が肝要
Contents Note 6 5-2 接点系OMOは「ケイバビリティ調達」が肝要
Contents Note 1 5-3 DX推進に立ちはだかる壁
Contents Note 2 5-4 第5章のまとめ
Contents Note 3 あとがき 待ったなしの変革に向けて

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010044500

    Location Code
    01 一般書架コーナ