Holding List

Outline

ミクロ経済学の力
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010044033
Title ミクロ経済学の力
Author 神取道宏
Publisher 日本評論社
Classification 1
C0401 経済一般
Date of Pub. 2018/11/20
ISBN 9784535557567
Page 537p
Size 21cm
Subjects 読み出したら止まらない!東京大学で大人気 大教室に拍手が巻き起こる カンドリ先生の経済学レクチャー(帯より) すべての人にエコノミック・リテラシーを! 経済学の標準的内容を完全に理解したい大学生・大学院生/経済政策を担当する国家・地方公務員や政治家/マスコミ関係者や経済評論家/もういちど経済学を学びたい社会人/時事問題や日本の針路など「天下国家を論じてみたい」人/経済学専攻ではないが、経済学を知ってみたい人/知的好奇心であふれた高校2・3年生(帯より)
Contents Note 1 序章 経済学の目的と方法
Contents Note 2 第1部 価格理論 市場メカニズムの特徴と問題点
Contents Note 3 第1章 消費者行動の理論
Contents Note 4 1.1 合理的行動・選好と効用関数
Contents Note 5 1.2 消費者の選好と無差別曲線
Contents Note 6 1.3 最適消費・図解による分析
Contents Note 1 1.4 重度な補論 数理モデルと現実の関係、およびミクロ経済学の考え方について
Contents Note 2 1.6 最適消費の性質
Contents Note 3 1.7 代替と保管の程度を測る分析道具 補償需要関数
Contents Note 4 1.8 支出関数
Contents Note 5 1.9 所得効果と代替効果
Contents Note 6 1.10 価格弾力性
Contents Note 1 第2章 企業行動の理論
Contents Note 2 2.1 経済学における企業のとらえ方
Contents Note 3 2.2 生産要素が一つ(郎度)の場合の企業行動
Contents Note 4 2.3 生産要素が二つ(労働と資本)の場合の企業行動
Contents Note 5 2.4 生産要素と生産物がともに多数あってもよい、一般的な場合の企業行動
Contents Note 6 2.5 利潤と所得分配 なぜ所得格差が生まれるのか
Contents Note 1 第3章 市場均衡
Contents Note 2 3.1 部分均衡分析
Contents Note 3 3.2 TPPについて、これだけは知っておこう TPPとコメの輸入自由化
Contents Note 4 3.3 一般均衡分析
Contents Note 5 第4章 市場の失敗
Contents Note 6 4.1 外部性
Contents Note 1 4.2 公共財
Contents Note 2 第5章 独占
Contents Note 3 5.1 独占企業の行動
Contents Note 4 5.2 独占の弊害
Contents Note 5 5.3 自然独占と価格規制
Contents Note 6 第2部 ゲーム理論と情報の経済学 経済理論の新しい流れ
Contents Note 1 第6章 同時手番のゲームとナッシュ均衡
Contents Note 2 6.1 ゲームとは?
Contents Note 3 6.2 ナッシュ均衡
Contents Note 4 6.3 ナッシュ均衡が実現する理由
Contents Note 5 6.4 寡占への応用(1) 数量競争と価格競争
Contents Note 6 6.6 不確実性と期待効用
Contents Note 1 6.7 混合戦略均衡とナッシュ均衡の存在
Contents Note 2 第7章 時間を通じたゲームと戦略の信頼性
Contents Note 3 7.1 例:銀行の破綻処理
Contents Note 4 7.2 部分ゲーム完全均衡
Contents Note 5 7.3 寡占への応用(2) シュタッケルベルク・モデル
Contents Note 6 7.4 コミットメント
Contents Note 1 7.5 長期的関係と協調
Contents Note 2 第8章 保険とモラル・ハザード
Contents Note 3 8.1 効率的な危険分担と保険の役割
Contents Note 4 8.2 モラル・ハザードとその対策
Contents Note 5 第9章 逆淘汰とシグナリング
Contents Note 6 9.1 逆淘汰とは?
Contents Note 1 9.2 シグナリングの原理
Contents Note 2 9.3 労働市場のシグナリング均衡
Contents Note 3 終章 最期に、社会思想(イデオロギー)の話をしよう
Contents Note 4 10.1 社会問題に対する意見の対立の根本にあるもの:共同体の論理 対 市場の論理
Contents Note 5 10.2 市場の恩恵を受けるのは誰か:補償原理と社会正義
Contents Note 6 補論A 最小限必要な数学の解説
Contents Note 1 A.1 関数
Contents Note 2 A.2 直線の傾き
Contents Note 3 A.3 微分
Contents Note 4 A.4 多変数の関数の微分
Contents Note 5 A.5 確認の練習問題
Contents Note 6 補論B 条件付最大化問題とラグランジュの未定乗数法
Contents Note 1 B.1 内点解の場合
Contents Note 2 B.2 内点解でない場合
Contents Note 3 B.3 凹関数と準凹関数
Contents Note 4 補論C 補償変分と等価変分 価格変化が消費者に与える損害や利益を、需要曲線から推定する
Contents Note 5 C.1 補償変分
Contents Note 1 C.2 等価変分
Contents Note 2 C.3 まとめ
Contents Note 3 補論D 厚生経済学の第2基本定理の証明は難しくない
Contents Note 4 D.1 まずは、いくつかの準備をしよう
Contents Note 5 D.2 証明の大筋
Contents Note 6 D.3 一目でわかる証明の流れ
Contents Note 1 D.4 細かい注意
Contents Note 2 D.5 定理の性格な記述
Contents Note 3 D.6 多数の消費者と生産者がいるなら、厚生経済学の第2基本定理はほぼ成り立つ
Contents Note 4 経済学でよく使う数理の道具箱
Contents Note 5 など

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010044033

    Location Code
    01 一般書架コーナ