Holding List

Outline

全訂新版 フリーフレーム工法
性能照査型による限界状態設計例
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010044353
Title 全訂新版 フリーフレーム工法
Sub Title 性能照査型による限界状態設計例
Author フリーフレーム協会(編著)
Publisher 理工図書
Classification 1
G0101 土質・地盤・地下工学
Date of Pub. 2020/07/15
ISBN 9784844608868
Page 121p
Size 22cm
Contents Note 1 1.総則
Contents Note 2 1.1 目的および適用範囲
Contents Note 3 2.工法の特徴・種類・選定目安・枠断面の選定
Contents Note 4 2.1 工法の特徴
Contents Note 5 2.2 工法の種類とタイプ別特性
Contents Note 6 2.3 フリーフレーム工法の選定目安
Contents Note 1 2.4 枠断面の選定
Contents Note 2 3.材料
Contents Note 3 3.1 型枠
Contents Note 4 3.2 鉄筋、スターラップ
Contents Note 5 3.3 主アンカー(アンカーバー)、補助アンカー(アンカーピン)
Contents Note 6 3.4 繊維補強材
Contents Note 1 3.5 吹付モルタルの配合
Contents Note 2 4.限界状態設計法による要求性能と性能照査
Contents Note 3 4.1 要求性能
Contents Note 4 4.2 性能照査
Contents Note 5 5.限界状態設計法による設計数値
Contents Note 6 5.1 吹付モルタルの強度
Contents Note 1 5.2 吹付モルタルの弾性係数
Contents Note 2 5.3 鉄筋の弾性係数
Contents Note 3 5.4 部分安全係数
Contents Note 4 5.5 作用荷重の種類と各限界状態に対する設計荷重
Contents Note 5 5.6 鉄筋の継手
Contents Note 6 5.7 鉄筋のかぶり・あき
Contents Note 1 5.8 スターラップの径・ピッチ
Contents Note 2 5.9 横枠、縦枠の標準スパンと有効高さ
Contents Note 3 5.10 アンカー取付角(枠からみたアンカー角)
Contents Note 4 6.限界状態設計法による設計例
Contents Note 5 6.1 抑制工
Contents Note 6 6.2 抑止工
Contents Note 1 7.台形フレーム工法
Contents Note 2 7.1 特徴
Contents Note 3 7.2 型枠の規格
Contents Note 4 7.3 限界状態設計法による設計例
Contents Note 5 8.施工
Contents Note 6 8.1 施工法
Contents Note 1 8.2 ダム湛水面、貯水池のり面の施工例
Contents Note 2 8.3 湧水の処理
Contents Note 3 8.4 フリーフレーム工の適用地盤に対する注意事項
Contents Note 4 8.5 施工管理
Contents Note 5 9.維持管理
Contents Note 6 9.1 維持管理の目的
Contents Note 1 9.2 主な劣化・損傷状況
Contents Note 2 9.3 点検
Contents Note 3 9.4 評価
Contents Note 4 9.5 対策
Contents Note 5 9.6 点検設備について(参考)
Contents Note 6 付録
Contents Note 1 付録―1 設計参考資料
Contents Note 2 付―1 異形棒鋼の質量・断面積・周長
Contents Note 3 付―2 PC鋼材とグラウトの許容付着応力度
Contents Note 4 付―3 注入材と異形鉄筋の許容付着応力度
Contents Note 5 付―4 鉄筋挿入工(ロックボルト工)の極限周面摩擦抵抗の推定値
Contents Note 6 付―5 アンカーの極限周面摩擦抵抗
Contents Note 1 付録―2 ネットモールドによる強度特性(フリーフレーム協会資料)

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    010044353

    Location Code
    01 一般書架コーナ