所蔵一覧

概要

角川新書
人が集まる街、逃げる街
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
登録番号 010044372
書 名 人が集まる街、逃げる街
シリーズ書名 角川新書
著者名 牧野知弘
出 版 者 KADOKAWA
分類記号1
J01 都市一般
出版年月日 2020/07/10
ISBN1 9784040823645
ペ ー ジ 283p
サ イ ズ 18cm
件名 郊外>都心 逆転の鍵は防災&防疫にあり!!不動産分析の第一人者が徹底解明(帯より)
内容細目1 はじめに―アフターコロナで生き残る街とは?
内容細目1 第一章 ニュータウンの課題と挑戦
内容細目2 三田ニュータウン―名産品を使った地道な誘致活動
内容細目3 鳩山ニュータウン―深刻さを増していく“孤立化”
内容細目4 仙台市泉区―仙台市の副都心を襲う高齢化
内容細目5 多摩ニュータウン―人を集める街へ、再生が始まる
内容細目6 印西市―災害に強い台地をウリに、職住近接の住みよい環境を整備
内容細目1 あすみが丘―都心に人工を奪われる「チバリーヒルズ」
内容細目2 ユーカリが丘―「成長管理」型の持続可能な開発
内容細目3 第二章 「タワマン」街の明暗
内容細目4 豊洲―東京五輪後の新たなブランドイメージ構築が課題
内容細目5 武蔵小杉―空に向かって伸びる現代版ニュータウンの未来は?
内容細目6 晴海―時代の先端を行くタワマン街へ
内容細目1 神戸―脱タワマンで商業の活性化をはかる
内容細目2 西宮北口―西日本ナンバー1の「住みたい街」
内容細目3 第三章 変貌してゆく大都市の中の街
内容細目4 新橋―「おじさん達」の聖地に忍び寄る危機
内容細目5 池袋―新しくチャイナタウンへと変わりゆく街
内容細目6 銀座―復権をとげるハイソなブランドイメージ
内容細目1 渋谷―東京一の大変貌で、時代についていけるのか?
内容細目2 天王寺―あべのハルカスの光と影
内容細目3 ミナミ―インバウンドで急成長する大阪の代表的繁華街
内容細目4 第四章 模索が続く大都市郊外
内容細目5 逗子市―いずれも陰りが見える、瀟洒な街の2つの顔
内容細目6 船橋市―「商都」が直面している、老朽化の問題
内容細目1 川口市―キューポラから高層マンションへ、課題も変わる
内容細目2 三浦市―漁業・農業の魅力は、都心へのアクセス難に勝てるか?
内容細目3 第五章 新陳代謝を仕掛ける街
内容細目4 川崎市―人口の入れ替えが活発な「健康」な街
内容細目5 福岡市―アジアのゲートウェーとして人を集める国際都市
内容細目6 大宮―オフィスやホテルのニーズも意外と高い、一大ターミナル
内容細目1 野毛―古くからの飲み屋街に若者たちが流入した以外なワケ
内容細目1 野々市市―自力で人工5万人を達成し、市に「昇格」した稀有な街
内容細目2 長久手市―知る人ぞ知る、人口増加率全国一の快挙
内容細目3 第六章 「街おこし」に挑む街
内容細目4 燕三条―ニュータイプの職人たちがつくる世界ブランドで注目
内容細目5 小布施町―徹底的なおもてなしで、観光を極める小さな街
内容細目6 松本市―「三ガク都」の魅力を海外にもアピールし、成功
内容細目1 北広島市―札幌市との闘いを制し、プロ野球球場を誘致
内容細目2 川越市―ベットタウンとしては微妙でも、「小江戸」を活かす街おこし
内容細目3 大津市―「まちもどし」で宿場の繁栄を取り戻す
内容細目4 第七章 盛衰の分岐点に立つ街
内容細目5 横須賀市―脱ベットタウンが、街のキーワード
内容細目6 柏市―東京だけでなく、各方面から人を呼ぶ機能の構築が急務
内容細目1 下関市―観光面で、「通過される街」をいかに脱するかがカギ
内容細目2 松江市―市域を超え、近隣の有名観光地との連携に期待
内容細目3 国東市―自然を活かして新たなチャレンジをする進取の街
内容細目4 第八章 今注目の成長する街
内容細目5 北千住―大学誘致に成功し大幅イメージチェンジ
内容細目6 立川市―防災拠点を備えた安心・安全の、未来の「郊外タウン」
内容細目1 中野―三世代にわたる老若男女が楽しめる街へ進化
内容細目2 清澄白河―ミレニアル世代を惹きつける、新たな下町
内容細目3 海老名市―便利な都市機能と豊かな自然のバランスが絶妙
内容細目4 流山市―子育て世代にアピールし、人口が見事若返り
内容細目5 第九章 奮闘中の地方都市
内容細目6 鶴岡市―空き家・空き地対策の先進都市
内容細目1 新潟市―新鮮な魚介や農作物が最大の強みに
内容細目2 松阪市―世界的な肉牛と豪商の産地も、人口減少に苦慮
内容細目3 盛岡市―歴史や文化に彩られた街を、いかにアピールするか?
内容細目4 和歌山市―交通の便の良さがアダとなり、大都市に人が流出
内容細目5 佐賀市―イメージの薄さを払拭し、魅力の情報発信に挑む
内容細目6 第十章 コンパクトシティ化を目指す街
内容細目1 青森市―コンパクトシティ化に早くから取り組むも、挫折を経験
内容細目2 富山市―市民を上手に「誘導」し成功も、課題は残る
内容細目3 高松市丸亀町―「生活者」の街として、商店街を再構築
内容細目4 第十一章 島の未来
内容細目5 石垣島―新空港の整備で飛躍的に観光客を増やす
内容細目6 周防大島―高齢化を街の活性化につなげる逆転の発想
内容細目1 隠岐の島―歴史や自然が魅力だが、交通費の高さがネック
内容細目2 新上五島町―世界遺産に頼り切らない、観光客誘致を模索
内容細目3 南あわじ市―農業・漁業・畜産で魅力も、大阪・神戸方面への人口流出が続く
内容細目4 第十二章 リゾート誘致にかける街
内容細目5 別府市―日本一の「温泉」をウリに、世界に向けたリゾート開発が加速
内容細目6 熱海市―バブル崩壊のショックから立ち直りつつあるが、空き家問題が深刻化
内容細目1 蓼科―若者にそっぽを向かれてしまった、かつての有名リゾート
内容細目2 宮古島―伊良部大橋の開通で、空前の開発ブームが到来
内容細目3 草津―コミカルな映画のブームで危機を脱出!
内容細目4 夢洲―万博誘致とIR誘致の、まさに“夢の島”
内容細目5 第十三章 空港、港を活かす街
内容細目6 成田市―国際空港の街のさらなる発展のカギは、農産物にあり!?
内容細目1 小美玉市―茨城空港の積極的な活用に好機を見出せるか
内容細目2 常滑市―乗客数が伸び悩むセントレア空港の浮上なるか
内容細目3 境港市―大型クルーズ客船の寄港地として選ばれるワケとは?
内容細目4 小樽市―かつての国際貿易港は、観光業で生き残りをはかる
内容細目5 伊丹市―かつては対立した空港と共存して、街の活性化をはかる
内容細目6 第十四章 インバウンドが集まる街
内容細目1 ニセコ―リゾートの魅力を外国人が発信
内容細目2 白馬―外国人中心の新たな不動産市場
内容細目3 下吉田―SNS投稿を機にタイ人が殺到
内容細目4 河口湖―「住民参加型」で外国人客誘致
内容細目5 高山―インバウンドの30年戦略
内容細目6 旭川―雪こそが最高のおもてなし
内容細目1 おわりに―隠岐の島で知った心地よい街

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    010044372

    保管場所コード
    01 一般書架コーナ