Material detail

Outline

ZEBのデザインメソッド
空気調和・衛生工学会(編)
技報堂出版
2019/09/20
9784765526135

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010043506
Title ZEBのデザインメソッド
Author 空気調和・衛生工学会(編)
Classification 1
G0302 建築計画・建築設計
Publisher 技報堂出版
Date of Pub. 2019/09/20
Page 187p
Size 26cm
ISBN 9784765526135
Location Code
01 一般書架コーナ
Subjects 省エネ×創エネ。エネルギー収支までデザインする建築の新定番。(表紙より)
Contents Note 1 第1章 ZEBの動向
Contents Note 2 1.1 米国の建築物省エネルギーとZEBの動向
Contents Note 3 1.2 英国の動向
Contents Note 4 1.3 EU諸国の動向
Contents Note 5 1.4 アジア諸国の動向
Contents Note 6 1.5 日本の動向
Contents Note 1 第2章 ZEBの定義と評価方法
Contents Note 2 2.1 ZEBの意義
Contents Note 3 2.2 ZEBの定義
Contents Note 4 2.3 ZEBの評価方法
Contents Note 5 2.4 ZEBの評価基準
Contents Note 6 第3章 ZEBのデザインメソッド
Contents Note 1 3.1 ZEBへのアプローチ
Contents Note 2 3.2 屋外環境を適正化する
Contents Note 3 3.3 屋内環境を適正化する
Contents Note 4 3.4 負担を抑制する
Contents Note 5 3.5 自然エネルギーを利用する
Contents Note 6 3.6 未利用エネルギーを活用する
Contents Note 1 3.7 設備・システムの高効率化をはかる
Contents Note 2 3.8 再生可能エネルギーを導入する
Contents Note 3 3.9 エネルギーマネージメントを実施する
Contents Note 4 第4章 ZEBの先進事例
Contents Note 5 4.1 先進事例の概要
Contents Note 6 4.2 雲南市役所新庁舎―地域の歴史・風土・資源を活かしたZEB庁舎
Contents Note 1 4.3 清水建設本社ビル―持続可能な社会に貢献する都市型超環境オフィス
Contents Note 2 4.4 大成建設ZEB実証棟―都市型ZEBの実現に向けたパイロットプロジェクト
Contents Note 3 4.5 KTビル―都市型中規模オフィスの汎用ZEBモデルの実践
Contents Note 4 4.6 竹中工務店東関東支店―稼働オフィスビルのZEB改修
Contents Note 5 4.7 大林組技術研究所本館―高い知的生産性とZEBを両立したオフィス
Contents Note 6 4.8 東京大学21KOMCEE―大学発ZEB
Contents Note 1 4.9 ダイキン・テクノロジー・イノベーションセンター―機器製造・開発の実践の場としての進化・普及型ZEB
Contents Note 2 4.10 関西電力南大阪営業所―個別空調最適制御を用いた中規模ZEBオフィス
Contents Note 3 4.11 東京ガス立川ビル―再生可能エネルギーとガスシステムの親和型ZEB
Contents Note 4 4.12 三建設備工業つくばみらい技術センター―太陽と風と大地、身近な自然と共生するZEB
Contents Note 5 4.13 エネフィス九州―光と空気と水をデザインしたZEBオフィス
Contents Note 6 4.14 新日本空気工学センター―省エネ・創エネ技術の効果を実証するZEB改修オフィス
Contents Note 1 4.15 新菱冷熱工業本社ビル―省エネで快適な執務環境を目指したZEB改修
Contents Note 2 4.16 秋田市新庁舎―冬に強く季節の変化にも上手につきあうZEB庁舎/生長の家“森の中のオフィス”
Contents Note 3 4.18 大成札幌ビル―寒冷地における既存ビルのZEB化
Contents Note 4 第5章 ZEBの展望
Contents Note 5 5.1 ZEBの位置付け
Contents Note 6 5.2 産業としてのZEB
Contents Note 1 5.3 全体最適化
Contents Note 2 5.4 技術の継承