資料詳細

概要

日本の古墳はなぜ巨大なのか
古代モニュメントの比較考古学
国立歴史民俗博物館(編) 松木武彦(編) 福永伸哉 等 (編)
吉川弘文館
2020/03/10
9784642093552

利用状況

詳細

和洋区分
和書
登録番号 010044004
書名,叢書名 日本の古墳はなぜ巨大なのか 古代モニュメントの比較考古学
著者名 国立歴史民俗博物館(編) 松木武彦(編) 福永伸哉 等 (編)
分類記号1
B0301 歴史一般
出 版 者 吉川弘文館
出版年月日 2020/03/10
ペ ー ジ 265p
サ イ ズ 22cm
ISBN1 9784642093552
保管場所コード
01 一般書架コーナ
件名 大きさや形はに何を意味するのか?謎多き日本の古墳文化に世界的・現代的な視点で挑む。(帯より)
内容細目1 はじめに―古代モニュメントの比較考古学―
内容細目2 第1部 世界の先史モニュメントとその社会
内容細目3 エジプト古王国時代の巨大ピラミッド
内容細目4 ユーラシア草原の大型墳墓―草原の古墳時代―
内容細目5 アンデス文明におけるモニュメントと権力生成
内容細目6 古代メソアメリカのモニュメント―象徴する世界観と王権―
内容細目1 北アメリカ先史時代のモニュメント
内容細目2 コラム1 中央ヨーロッパ青銅器時代・鉄器時代の墳丘モニュメント
内容細目3 英国ポスト・ローマ期の墳丘墓
内容細目4 古代中国の皇帝陵―モニュメントとしての前漢の皇帝陵―
内容細目5 コラム2 新羅における王陵の誕生と展開
内容細目6 コラム3 先史・原史社会の墳墓モニュメント―世界的視野から見た日本の古墳―
内容細目1 第2部 日本の古墳は巨大なのか
内容細目2 古墳時代における王墓の巨大化と終焉―社会の変化とモニュメント―
内容細目3 人間行動とモニュメント
内容細目4 古代日本の古墳築造と社会関係
内容細目5 あとがき
内容細目6 編者・執筆者紹介