Material detail

Outline

図説わかる 土木構造力学
玉田和也(編著) 三好崇夫 高井俊和
学芸出版社
2020/01/15
9784761532512

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010043835
Title 図説わかる 土木構造力学
Author 玉田和也(編著) 三好崇夫 高井俊和
Classification 1
G0107 構造力学・材料力学
Publisher 学芸出版社
Date of Pub. 2020/01/15
Page 203p
Size 26cm
ISBN 9784761532512
Location Code
01 一般書架コーナ
Subjects 図解・イラスト・写真と豊富なビジュアル!ツボをおさえた基本問題、練習問題、応用問題で着実にステップアップ(帯より)
Contents Note 1 はじめに
Contents Note 2 1章 なぜ構造力学を学ぶのか
Contents Note 3 2章 構造力学の基本事項
Contents Note 4 2-1 ルールおよび前提条件
Contents Note 5 2-2 力のつり合い
Contents Note 6 2-3 静定構造と不静定構造
Contents Note 1 2-4 荷重・反力・断面力
Contents Note 2 2-5 境界条件
Contents Note 3 2-6 力の表記方法
Contents Note 4 3章 静定構造物の反力・断面力
Contents Note 5 3-1 反力
Contents Note 6 3-2 内力
Contents Note 1 3-3 せん断力
Contents Note 2 3-4 曲げモーメント
Contents Note 3 3-5 重ね合わせの原理
Contents Note 4 3-6 静定ラーメン構造
Contents Note 5 3-7 ヒンジを有する構造
Contents Note 6 3-8 トラス構造
Contents Note 1 3-9 逆問題を解いてみよう
Contents Note 2 4章 断面に発生する応力
Contents Note 3 4-1 応力とひずみ
Contents Note 4 4-2 断面諸量
Contents Note 5 4-3 はりの応力
Contents Note 6 4-4 組立断面ばりの応力
Contents Note 1 5章 構造物の変形
Contents Note 2 5-1 構造物のモデル化と変形の計算
Contents Note 3 5-2 変形・変位・たわみ
Contents Note 4 5-3 3つの計算法
Contents Note 5 5-4 たわみ曲線の微分方程式を用いる方法
Contents Note 6 5-5 弾性荷重法
Contents Note 1 5-6 単位荷重法
Contents Note 2 6章 もう一歩の構造力学
Contents Note 3 6-1 ゲルバーばりの解法
Contents Note 4 6-2 間接載荷とトラス構造
Contents Note 5 6-3 座屈
Contents Note 6 6-4 エネルギー法
Contents Note 1 7章 構造力学で用いる数学
Contents Note 2 7-1 数学は構造力学の道具
Contents Note 3 7-2 力の数字的表現
Contents Note 4 7-3 多項式
Contents Note 5 7-4 微分
Contents Note 6 7-5 積分
Contents Note 1 7-6 微分方程式
Contents Note 2 参考文献
Contents Note 3 索引