Material detail

Outline

補償の理論と現実
華山謙
勁草書房
1969/10/31

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010043843
Title 補償の理論と現実
Author 華山謙
Classification 1
M0203 公共事業問題
Publisher 勁草書房
Date of Pub. 1969/10/31
Page 377p
Size 22cm
Location Code
01 一般書架コーナ
Subjects ダム、漁業補償の実証的研究(帯より)
Contents Note 1 はしがき
Contents Note 2 序論
Contents Note 3 第一章 補償問題の本質
Contents Note 4 第一節 経済的な接近
Contents Note 5 第二節 法学的な接近
Contents Note 6 第二章 わが国における補償問題の歴史的展開 ダム補償を中心に
Contents Note 1 第一節 戦前の補償問題
Contents Note 2 第二節 混乱期の保証問題
Contents Note 3 第三節 補償基準統一の動き
Contents Note 4 第四節 補償基準統一と矛盾する動き
Contents Note 5 第三章 水没補償の実態
Contents Note 6 第一節 水没補償問題の重要性
Contents Note 1 第二節 補償単価の実態
Contents Note 2 第三節 「閣議決定要綱」の問題点
Contents Note 3 第四章 水没移転者の実態(一)職業の選択
Contents Note 4 第一節 実態調査の意味
Contents Note 5 第二節 全体の傾向
Contents Note 6 第三節 農業選択者
Contents Note 1 第四節 自営業選択者
Contents Note 2 第五節 金利生活選択者
Contents Note 3 第六節 賃金労働・山林労働選択者
Contents Note 4 第五章 水没移転者の実態(二)移転先の選定、住宅の取得、補償金の使途、階層
Contents Note 5 第一節 移転先の選定
Contents Note 6 第二節 住宅の取得
Contents Note 1 第三節 補償金の使途
Contents Note 2 第六章 生活再建措置
Contents Note 3 第一節 生活再建措置の必要性
Contents Note 4 第二節 生活再建措置の歴史的展開
Contents Note 5 第三節 生活再建措置の提案
Contents Note 6 第七章 残存地および残存者の問題
Contents Note 1 第一節 実態の把握
Contents Note 2 第二節 解決の方向
Contents Note 3 第八章 公共補償と関連公共事業
Contents Note 4 第一節 公共補償
Contents Note 5 第二節 関連公共事業
Contents Note 6 第九章 補償交渉と反対運動
Contents Note 1 第一節 補償交渉の基本的なパターン
Contents Note 2 第二節 ダムの建設に対する反対運動 松原下筈ダムの建設反対運動/瀬里・田野々ダムの建設反対運動
Contents Note 3 第三節 補償交渉を能率よくすすめるために必要な立法措置
Contents Note 4 第一〇章 漁業権の消滅補償
Contents Note 5 第一節 漁業権と漁業補償の方式
Contents Note 6 第二節 漁業補償の支払い対象と配分
Contents Note 1 第三節 被補償者のその後と生活再建措置
Contents Note 2 残された問題 あとがきにかえて
Contents Note 3 付表 本書中のダム一覧
Contents Note 4 付図 本書中のダム位置図(巻末・折込)
Contents Note 5 索引