資料詳細

概要

「大東亜」を建設する
帝国日本の技術とイデオロギー
アーロン・S・モーア 塚原東吾(監訳)
人文書院
2019/12/15
9784409520802

利用状況

詳細

和洋区分
和書
登録番号 010043844
書名,叢書名 「大東亜」を建設する 帝国日本の技術とイデオロギー
著者名 アーロン・S・モーア 塚原東吾(監訳)
分類記号1
B0306 産業史・技術史
出 版 者 人文書院
出版年月日 2019/12/15
ペ ー ジ 367p
サ イ ズ 20cm
ISBN1 9784409520802
保管場所コード
01 一般書架コーナ
件名 戦時下において「技術」に希望を託し、合理的な統治と動員体制を築こうとした革新官僚と技術者たちがいた。帝国日本にとって「技術」とは何だったのか。「大東亜」建設の実相に、新たな視角から迫る力作。(帯より)
内容細目1 序説 帝国日本の技術的想像力
内容細目2 技術超大国としての日本/近代日本における科学技術概念を再考する/技術と日本型ファシズム/日本の技術的想像力/技術と日本帝国主義/本書の射程
内容細目3 第一章 生活を革新する技術
内容細目4 知的側面からみた技術の位置づけ/技術論の淵源/日本における技術論/実践的技術論―技術を社会そして生活に溶け込ませる/理論と政策―近代化と動員のための政治技術/偉大なる東亜の技術的経済/映画の文化技術/結論―戦後の相川の活動と、彼の思想が暗示するもの
内容細目5 第二章 アジア発展のための技術
内容細目6 社会の管理者としての技術者/二〇世紀初頭日本における技術者と技術者地位向上政策/ソースタイン・ヴェブレンと日本技術者運動の知的背景/技術者と技術文化の形成/帝国のための技術者―「総合技術」のはじまり/テクノクラシーを目指して―「技術の立場」に基づく計画化/技術を通じて主体を変革する/日中戦争と総合技術の制度化/技術と東亜秩序への中国の統合/技術者と興亜院の結成/興亜のための技術/アジア開発と戦時体勢―北部中国における産業五ヵ年計画/結論―帝国主義ナショナリズムとしての技術
内容細目1 第三章 大陸を建設する
内容細目2 戦時中の満州と中国における技術/「総合技術」の制度化―南満州における遼河治水計画/「アジアを開発する」―日本人技師たちの中国進出/都市の技術的想像力―「汎アジア」的北京を事例として/ダムと総合的地域計画の進展
内容細目3 第四章 帝国をダム化する
内容細目4 水力発電と総合技術/日窒帝国と朝鮮工業化の基礎としてのダム/河川を合理化する/ダムを計画し設計する/大自然との相撲―ダム建設と河川管理/「東亜建設」への異論―ダム建設の社会的経済的な効果/土地の買収と住民の移動における植民地権力/労働者を動員し規律化する/結論―技術の力を自然化する
内容細目5 第五章 社会機構を設計する
内容細目6 革新官僚の技術的なヴィジョン/創造的エンジニアと経済技術/東アジアの新秩序を設計する/国民生活組織と日本国民の創造的エネルギー/社会機構を「人間らしく」する/汎アジアナショナリズム/「東アジアの経済構築」に向けて/結論―技術、ファシズム、そして権力
内容細目1 終章 戦後日本におけるテクノ・ファシズムおよびテクノ帝国主義
内容細目2 解説
内容細目3 参考文献一覧
内容細目4 人名索引