Material detail

Outline

WOODAP
上下水道の未来への処方箋
中村靖
幻冬舎メディアコンサルティング
2020/03/18
9784344926103

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010044032
Title WOODAP 上下水道の未来への処方箋
Author 中村靖
Classification 1
G0212 上・中・下水道
Publisher 幻冬舎メディアコンサルティング
Date of Pub. 2020/03/18
Page 238p
Size 19cm
ISBN 9784344926103
Location Code
01 一般書架コーナ
Contents Note 1 はじめに
Contents Note 2 序章 災害の多い日本だからこそ「WOODAP」は生まれた
Contents Note 3 第1章 上下水道事業は、今、大きな変革期を迎えている
Contents Note 4 水の恵みを享受できるのは当たり前ではない
Contents Note 5 上水道事業が直面する課題
Contents Note 6 人口減少による収入の減少で、経営が悪化
Contents Note 1 職員の減少・高齢化による技術継承の危機
Contents Note 2 下水道事業が直面する課題
Contents Note 3 水道事業と同様に職員の減少と施設の老朽化が顕在化
Contents Note 4 今、上下水道の課題を直視しなければ取り返しのつかないことになる
Contents Note 5 上下水道施設や管路の老朽化が進行、更新も遅延
Contents Note 6 第2章 水道事業の変遷から見えてくる「公民連携」の必然性
Contents Note 1 水道事業の歴史
Contents Note 2 上下水道の歴史は戦国時代から始まっていた
Contents Note 3 近代水道が初めて導入されたのは横浜、近代下水道は神田
Contents Note 4 明治時代から市町村が担ってきた上下水道事業
Contents Note 5 上下水道事業の現在
Contents Note 6 自治体の努力も限界に近づきつつある
Contents Note 1 激甚災害への対応は必須な事項
Contents Note 2 水道事業体の6割強は運営基盤が脆弱
Contents Note 3 「公民連携」の必要性
Contents Note 4 「広域化」と「公民連携」の方策が唱えられている
Contents Note 5 「公民連携」には広域化を促す効果もある
Contents Note 6 鉄道、郵便、電気のように、上下水道でも民間のアイデアは生かせる
Contents Note 1 第3章 上下水道における「公民連携」と「WOODAP」
Contents Note 2 公民連携の現在
Contents Note 3 公民連携はこれまで当たり前のように行われてきた
Contents Note 4 多様な公民連携の手法
Contents Note 5 国も公民連携を積極的に後押し
Contents Note 6 当社における公民連携事例
Contents Note 1 公民連携の事業は全国各地で展開されている
Contents Note 2 公民連携の取り組みの中で得た発想を独自のメソッド「WOODAP」にまとめる
Contents Note 3 モノからコトへ、時代の移り変わりにWBCを開発する
Contents Note 4 中規模自治体の利用を契機に全国へ普及
Contents Note 5 情報が自然に集まる仕組み、後で使える格納方法を実現する
Contents Note 6 第4章 「WOODAP」は公民連携の未来を切り開く
Contents Note 1 安全・安心な水道水が仕えるのは全国各地で水インフラを守り続けてきた人がいたから
Contents Note 2 「WOODAP」が公と民を共通の判断基準でつなぐ
Contents Note 3 WOODAPの誕生 3.11で崩れた神話、それでも絶えぬ希望
Contents Note 4 レジリエンスの考えは日本の上下水道の現状に即している
Contents Note 5 設計と現場のギャップを埋めるためにライフサイクルコスト(LCC)の最小化を図る
Contents Note 6 “キングギドラ”という共通の敵が必要だ
Contents Note 1 “キングギドラ”は激甚災害だった
Contents Note 2 レジリエンスの視点ではレンガの家よりもワラの家
Contents Note 3 「ワラの家=チープな施設」ではなに
Contents Note 4 復旧の出発点はタイムラインコントロール
Contents Note 5 OODAを活用して現場力を高める
Contents Note 6 PDCAサイクルで設定された目標(タイムライン)に基づき高速事後復旧を進める
Contents Note 1 高速事後復旧オペレーションは設計・建設にまで広げていくことが必要
Contents Note 2 「知恵の輪」を実践すれば部分最適の限界から抜け出せる
Contents Note 3 プリコラージュの発送で不測の事態に柔軟に対応する
Contents Note 4 「3センター」で現場をバックアップする
Contents Note 5 WOODAPの実践事例(1)あらおウォーターサービス
Contents Note 6 事業開始直前と直後に熊本地震に見舞われる
Contents Note 1 経営と業務のモニタリングは公の役目
Contents Note 2 高速事後復旧のスムーズな実行を図り「BCP訓練」を実施
Contents Note 3 「わ(は)にの感動」で「知恵の輪」を市民に広げていく
Contents Note 4 長期滞納者が4割減少する
Contents Note 5 WOODAPの実践事例(2)
Contents Note 6 新潟市「青木浄水場更新事業」
Contents Note 1 レジリエンスの観点からの見直しを設計・建設にまで広げる
Contents Note 2 メソッドを実践する中で新たなノウハウや仕組みも生み出されていく
Contents Note 3 WOODAPの活用範囲が広がる中で増大する情報がつながりあっていく
Contents Note 4 第5章 水道だけではない 道路、電気、ガス・・WOODAPがあらゆる社会インフラを救う
Contents Note 5 「この会社なら上下水道を任せてもいい」と思われるためにはまず信頼を得ること
Contents Note 6 株式上場は信頼性向上につながる
Contents Note 1 信頼性向上のためにESGsの取り組みで地域・社会に貢献する
Contents Note 2 「車載式セラミック膜ろ過装置」を使いアフリカ、東南アジアできれいな水を作り出す
Contents Note 3 トラスト3.0ではブロックチェーンを活用する
Contents Note 4 「続ける。続くために。」の活動を地道に誠実に続けて市民の期待に応える
Contents Note 5 日本の成果を世界の水インフラにも応用する
Contents Note 6 目指すのは「地球を守る社会」
Contents Note 1 新製品の開発は世界からの認知度向上につながる
Contents Note 2 海外の水インフラの問題に関わるときに求められるものとは?
Contents Note 3 上下水道を守るためには市民の協力・応援も必要になる
Contents Note 4 WOODAPの方法論は他の社会インフラの議題にも適用できる
Contents Note 5 資料集
Contents Note 6 (1)横浜市水道局 川井浄水場再整備事業
Contents Note 1 知恵を出し合い限られたスペースに新しい施設を建設
Contents Note 2 国内最大規模のセラミック膜ろ浄水場「セラロッカ」の誕生
Contents Note 3 半分の敷地で処理水量は1.6倍に増加、電気・薬品使用量は減少
Contents Note 4 (2)大牟田・荒尾共同浄水場施設等整備・運営事業
Contents Note 5 国内初の県境をまたぐ共同浄水場は膜ろ過方式に決定
Contents Note 6 高低差を活用しながらセラミック膜と微粉炭の組み合わせで水質向上
Contents Note 1 大牟田市と荒尾市のかけはし「ありあけ浄水場」の誕生
Contents Note 2 獲得した信頼が新たなプロジェクトへとつながっていく
Contents Note 3 (3)会津若松市 滝沢浄水場更新整備等事業
Contents Note 4 高低差の活用と約500キロワットの太陽光パネルで運営コストを軽減
Contents Note 5 ICTを活用し公民の情報共有を推進
Contents Note 6 (4)愛知県 豊川浄化センター汚泥処理施設等整備・運営事業
Contents Note 1 国内初のRC方式というハードルを越えて入札
Contents Note 2 汚泥の減容化とバイオガス発生量の最大化を同時に実現
Contents Note 3 提案内容が評価され、事業契約を締結
Contents Note 4 (5)大船渡市 大船渡浄化センター施設改良付包括運営事業
Contents Note 5 求められたのは将来のダウンサイジングへの対応
Contents Note 6 「施設改良付包括」という全国初の運営方式
Contents Note 1 大船渡市とともに未来の下水道事業を創っていくという思い
Contents Note 2 技術を結集した提案を練り上げる
Contents Note 3 大船渡モデルを成功に導くというパートナーとしての決意
Contents Note 4 おわりに