Material detail

Outline

集英社新書
水道、再び公営化!
欧州・水の闘いから日本が学ぶこと
岸本聡子
集英社
2020/03/22
9784087211139

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Registration No. 010044031
Title 水道、再び公営化! 欧州・水の闘いから日本が学ぶこと
Author 岸本聡子
Classification 1
G0212 上・中・下水道
Publisher 集英社
Date of Pub. 2020/03/22
Page 216p
Size 18cm
ISBN 9784087211139
Location Code
01 一般書架コーナ
Contents Note 1 はじめに 奪われる「水への権利」
Contents Note 2 第一章 水道民営化という日本の危機
Contents Note 3 水道民営化を宣言した麻生副総理
Contents Note 4 海外の水道事業は民間が運営?
Contents Note 5 「PPP/PFI推進室」に水メジャー社員が出向
Contents Note 6 改正水道法案審議中の追及
Contents Note 1 危ういコンセッション方式
Contents Note 2 災害対応ができなかったコンセッション事業・関西空港
Contents Note 3 世界は再び公営化へ!
Contents Note 4 水道料金の高騰
Contents Note 5 民営化の落とし穴
Contents Note 6 水から始まる民主主義
Contents Note 1 第二章 水メジャーの本拠地・パリの水道再公営化
Contents Note 2 水メジャーの国・フランスの逆転劇
Contents Note 3 ずさんな財務報告書
Contents Note 4 パリ市長の挑戦
Contents Note 5 グルノーブル市からの助け舟
Contents Note 6 潮目が変わった2010年
Contents Note 1 再公営化で収益が改善
Contents Note 2 公社とパリ市の相互チェック
Contents Note 3 市議が参加する「オー・ド・パリ」理事会
Contents Note 4 市民が意見を述べるフォーラム
Contents Note 5 水道事業者が水下保護に取り組む
Contents Note 6 有機農業の推進もミッション
Contents Note 1 無料で飲料水を提供する
Contents Note 2 再公営化で長期視点の経営が可能に
Contents Note 3 第三章 資本に対抗するための「公公連携」
Contents Note 4 グローバル資本と結託する国家
Contents Note 5 「公公連携」で対抗する
Contents Note 6 「オー・ド・パリ」のCED
Contents Note 1 欧州の外ともつながる「公公連携」
Contents Note 2 保守派のニース市でも水道再公営化
Contents Note 3 自治体を超えた流域でつながる
Contents Note 4 欧州公営水道事業体協会の闘い
Contents Note 5 第四章 新自由主義・イギリスの大転換
Contents Note 6 新自由主義の総本山での大転換
Contents Note 1 新自由主義の30年
Contents Note 2 PFI事業の借金が28兆円に
Contents Note 3 PFI事業者の倒産
Contents Note 4 財務省がPFI凍結宣言
Contents Note 5 水道民営化は組織的な詐欺に近い
Contents Note 6 税金逃れと経営陣への高額報酬
Contents Note 1 インフラの更新・整備を怠る民間企業
Contents Note 2 市民不在のモニタリングは機能しない
Contents Note 3 「水貧困」世帯が四分の一に
Contents Note 4 資本主義の行き過ぎと民主主義の危機
Contents Note 5 第五章 再公営化の起爆剤は市民運動
Contents Note 1 再公営化が公約に
Contents Note 2 止まらない再公営化の流れ
Contents Note 3 「モメンタム」の政策フェスティバルTWT
Contents Note 4 大胆な政策提言
Contents Note 5 21世紀型の新しい社会主義
Contents Note 6 草の根の活動家たちが政治とつながる
Contents Note 1 ボトムアップで出来上がった労働党のマニフェスト
Contents Note 2 再公営化とは経済的な決定権を取り戻す挑戦
Contents Note 3 第六章 水から生まれた地域政党「バルセロナ・イン・コモン」
Contents Note 4 経済の民主化
Contents Note 5 「15-M運動」と「怒れる人々」
Contents Note 6 広場の政治と国政政党「ボデモス」
Contents Note 1 バルセロナの水道採鉱詠歌運動
Contents Note 2 アグバー社のスキャンダル
Contents Note 3 「バルセロナ・イン・コモン」と「国境なき技術者団」
Contents Note 4 市民活動家が市長になった
Contents Note 5 「怒れる人々」と水メジャーとの闘い
Contents Note 6 第七章 ミュシパリズムと「恐れぬ自治体」
Contents Note 1 民主主義の原点・広場にて
Contents Note 2 水道再公営化を支援し合う自治体
Contents Note 3 住民提案で決まった再公営化を問う住民投票
Contents Note 4 「ミュニシパリズム」とはなにか
Contents Note 5 運動しながら理念をつくる
Contents Note 6 ナポリ市の不服従
Contents Note 1 グルノーブル市の知恵
Contents Note 2 恐れぬ自治体「フィアレス・シティ」
Contents Note 3 拡がる輪
Contents Note 4 「ミュニシパリズム」をEU議会に
Contents Note 5 公共調達という武器
Contents Note 6 地域の富を作りあげる
Contents Note 1 インソーシングで能力という富を育てる
Contents Note 2 第八章 日本の地殻変動
Contents Note 3 浜松市と宮城県 市民の反対がなければ
Contents Note 4 狙われる日本の市場
Contents Note 5 コンセッション契約へと仕向ける「アメ」と「ムチ」
Contents Note 6 水道料金値上げの仕掛け
Contents Note 1 値上げの規制が緩和されている!
Contents Note 2 自治体の能力を削ぐ民営化
Contents Note 3 災害に対応する能力を自治体が維持するために
Contents Note 4 地産地消エネルギーで地域の力を養う
Contents Note 5 契約解除のために13億ユーロ
Contents Note 6 契約書の罠
Contents Note 1 持続可能な水道サービスを
Contents Note 2 技術者・労働者たちとの連携
Contents Note 3 <コモン>として水を市民で管理する
Contents Note 4 万人が必要とする水だからこそ
Contents Note 5 日本の地殻変動
Contents Note 6 日本で私たちができること
Contents Note 1 おわりに 草の根から世界は変わる
Contents Note 2