Holding List

Outline

structure
2017年04月
日本建築構造技術者協会

Status Information

Detail

ISSN 0910-8270
Volume - Feature Article 熊本地震から1年
Contents Note 1 巻頭言 JSCAを通して、安全・安心に向けた活動参加
Contents Note 2 特別寄稿 地震災害調査と耐震技術
Contents Note 3 主集 熊本地震から1年
Contents Note 4 主集にあたって
Contents Note 5 第1章 はじめに
Contents Note 6 1.熊本地震による建物被害の概要と教訓
Contents Note 1 第2章 熊本地震の記録
Contents Note 2 1.平成28年(2016年)熊本地震の地震動の概要
Contents Note 3 2.木造住宅の被害
Contents Note 4 3.耐震補強建物
Contents Note 5 4.免震建物の状況と利用者の声
Contents Note 6 5.集合住宅の状況
Contents Note 1 6.熊本地震における熊本県の対応について
Contents Note 2 7.熊本地震における応急危険度判定
Contents Note 3 第3章 熊本地震を経験して、今後の構造設計に向けて
Contents Note 4 1.安全で安心できる建物を建主と一緒に造る 性能設計
Contents Note 5 2.告示を超える地震動への関西での取り組みの現状 実務者は頑張っている
Contents Note 6 3.事業継続検討に求められる地震リスク評価
Contents Note 1 4.木造建物の被害とこれからの設計について
Contents Note 2 5.活断層の地震に対するレジリエントな建物対策 数千年に一度の地震にどう立ち向かうべきか
Contents Note 3 第4章 おわりに
Contents Note 4 1.震災後の「応急危険度判定」「住家の被害認定調査」および「被災度区分判定」の違いについて
Contents Note 5 2.熊本地震 JSCA吸収支部の活動
Contents Note 6 3.熊本地震での教訓と課題
Contents Note 1 応答制御構造Q&A
Contents Note 2 トピックス 2017年賀詞交換会/基礎地盤系部会・報告会2016
Contents Note 3 2017・2018年度 JSCA役員候補選挙結果
Contents Note 4 構造士 2016年度JSCA建築構造士認定試験の実施報告
Contents Note 5 委員会報告 構造計算プログラムに関する特性比較 その2
Contents Note 6 弁護士だより サンフランシスコ平和条約
Contents Note 1 構造家アラカルト 構造美を追求する情熱家
Contents Note 2 など

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032044245

    Volume - Location Code
    01 一般書架コーナ