Holding List

Outline

土と基礎
1986年03月
地盤工学会

Status Information

Detail

ISSN 0041-3798
Volume - Feature Article No.47 第11回国際土質基礎工学会議
Contents Note 1 第1回テルツァーギ記念講演 アムエイ地すべり
Contents Note 2 歴代会長による土質工学の歴史と発展に関する講演
Contents Note 3 1700年までの土質工学の歴史
Contents Note 4 1717年~1927年の間における土の性質に関する研究の歴史
Contents Note 5 過去60年間
Contents Note 6 土質力学ー物性研究と解析方法
Contents Note 1 原位置および室内試験の動向
Contents Note 2 環境制御と土質工学
Contents Note 3 杭および深い基礎
Contents Note 4 土質工学を応用した建設技術
Contents Note 5 実務における地震危険度予測
Contents Note 6 地震時における自然地盤の安定性
Contents Note 1 土構造物の挙動の予測と実際との比較
Contents Note 2 土質工学における地質学的側面
Contents Note 3 土の挙動に関する構成式
Contents Note 4 数値解析
Contents Note 5 決定理論と確率
Contents Note 6 原位置試験方法
Contents Note 1 室内試験 新しい手法とデータ収録技術
Contents Note 2 遠心力実験とその応用
Contents Note 3 現場計測機器と測定
Contents Note 4 地すべりと土石流の運動
Contents Note 5 地盤環境工学における地下水制御
Contents Note 6 廃棄物堆積場の安定と汚染処理対策
Contents Note 1 杭基礎の設計
Contents Note 2 ピア基礎
Contents Note 3 海洋構造物の基礎
Contents Note 4 土工事が周辺小僧物に及ぼす影響
Contents Note 5 地盤補強
Contents Note 6 ジオテキスタイルの応用
Contents Note 1 地震地質と危険度解析
Contents Note 2 土構造物の地震時安全性
Contents Note 3 地震時の地盤液状化
Contents Note 4 自然斜面の地震時安定性
Contents Note 5 アースおよびロックフィルダムの予測と実績
Contents Note 6 掘削支持の予測と実際
Contents Note 1 基礎の挙動の予測と実際
Contents Note 2 土質工学の専門的実務
Contents Note 3 土質工学における地質学的側面ー斜面の安定問題
Contents Note 4 地質学からみたアースダム工学
Contents Note 5 特殊な地質条件の地域における所問題
Contents Note 6 地中埋設管工学に関する国際会議 報告
Contents Note 1 など

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032030889

    Volume - Location Code
    06 電動書架