Holding List

Outline

橋梁と基礎
2019年08月
建設図書

Status Information

Detail

ISSN 0287-170X
Volume - Feature Article つなぐ
Contents Note 1 特集 つなぐ
Contents Note 2 1章 橋が「つなぐ」
Contents Note 3 橋は何をつなぐのか
Contents Note 4 つなげるということは大丈夫?
Contents Note 5 橋でつながる時間、人、そして哲学(思想)
Contents Note 6 2章 鋼と鋼を「つなぐ」
Contents Note 1 鋼と鋼をつなぐ技術の総論
Contents Note 2 高力ボルト摩擦接合継手における接触面の多様化と異種接合面継手に関する検討
Contents Note 3 片面施工用高力ボルトとスレッドローリングねじ
Contents Note 4 溶接部からの破壊を防止するための現場溶接継手の構造詳細のあり方
Contents Note 5 3章 コンクリートとコンクリートを「つなぐ」
Contents Note 6 PC箱桁橋へのプレキャストセグメント工法の採用と経緯
Contents Note 1 コンクリートの接着接合
Contents Note 2 鉄筋の継手
Contents Note 3 供用中のコンクリートばしに拡幅床版をつなぐ 錘ヶ瀧橋における床版拡幅部の設計・施工
Contents Note 4 4種 異種材料・部材を「つなぐ」
Contents Note 5 複合構造をつなぐずれ止め
Contents Note 6 鋼とコンクリートをつなぐ/鋼主体の複合構造 上下部一体構造橋梁(複合ラーメン橋、複合トラス橋の剛結部)
Contents Note 1 鋼構造物のFRP接着
Contents Note 2 上部構造と下部構造を「つなぐ」/支障構造
Contents Note 3 桁・構造・背面盛土をつなぐ、GRS一体橋梁
Contents Note 4 5章 新しい「つなぐ」
Contents Note 5 鋼構造物の接着接合
Contents Note 6 摩擦接合技術 摩擦攪拌接合、線形摩擦接合
Contents Note 1 2000MPa級超高強度ボルトの開発
Contents Note 2 ひび割れたコンクリートをつなぐ技術 自己治癒コンクリートのかいはつ
Contents Note 3 6章 未来の「つなぐ」
Contents Note 4 日本の交通ネットワークのあるべき未来
Contents Note 5 道路ネットワークをつなぎつづける 耐震解析の進展
Contents Note 6 海外と「つながる」/橋梁設計思想の融合で世界をつなぐ フランスと日本の橋梁設計思想融合の試み
Contents Note 1 地球と宇宙をつなぐ宇宙エレベーターの建設構想
Contents Note 2 海外文献紹介 海外文献と「橋梁と基礎」を「つなぐ」 海外文献研究グループの活動紹介
Contents Note 3 海外の「つなぐ」事例紹介
Contents Note 4 1.コンクリートをつなぐ アメリカ:床版更新にプレキャストコンクリート床版を採用
Contents Note 5 2.鋼と鋼をつなぐ オランダで進む3Dプリンタの橋梁製作
Contents Note 6 3.異種材料をつなぐ ドイツ:ネッカー川に架かる木製橋
Contents Note 1 広告企画 日本の橋梁整備を支える技術
Contents Note 2 モニターより 「橋梁と基礎」7月号を読んで
Contents Note 3 編集後記

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032046692

    Volume - Location Code
    01 一般書架コーナ