Holding List

Outline

工学(土木・建築)
1933年10月
工學社(東京工學社)

Status Information

This material is reference only.

Detail

Contents Note 1 〔社説〕
Contents Note 2 港湾法制定の促進に就て
Contents Note 3 〔論評〕
Contents Note 4 我観道路法(一一)(工学士 村上元紀)
Contents Note 5 〔研究〕
Contents Note 6 支索の湾曲圧力に就て(東洋索道製作所 眞島卯太郎)
Contents Note 1 石垣の法面に就て(友田寅吉)
Contents Note 2 舗装コンクリートに塩化カルシウムの合理的使用に就て(工学士 中村猪市)
Contents Note 3 筒倉(九)(工学士 相澤時正)
Contents Note 4 混凝土敷設用の新機械(工学士 野澤房敬)
Contents Note 5 〔報告〕
Contents Note 6 愛知県豊橋市の神野新田の開拓と其成果(二)(豊橋市土木課長 長崎敏音)
Contents Note 1 中央本線八王子、甲府間の電化設計調査(東京高等鉄道学校教授 篠瀨玉造)
Contents Note 2 〔資料〕
Contents Note 3 コンクリート舗装を設計する水セメント比試験法(工学士 中村猪市)
Contents Note 4 株式会社大丸増築工事概要
Contents Note 5 防空一般の要領(歩兵大佐 樋口季一郎)
Contents Note 6 和英工学語彙(二)(工学士 M生)
Contents Note 1 〔散録〕
Contents Note 2 港湾協会第六回総会行き(四)(長崎生)
Contents Note 3 技術ニュース(春峯):景気の良い話/ロメオとジュリエット博物館開設計画/火星と人類生息問題の解決/世界一の仏国客船ノルマンディ号/飛行機案内の無電燈台/シベリア気象状態を一変する計画/世界の建艦熱
Contents Note 4 〔彙報〕
Contents Note 5 電力連盟の画期的発電統制策(両周波数発電地帯の設定)
Contents Note 6 第一回土木会議と根本的道路計画
Contents Note 1 ソ連の新極東政策(沿海州の利権を某国に譲渡し日本の満州進出阻止)
Contents Note 2 五地方の超大都市計画(防空施設も完備)
Contents Note 3 製鉄合同の準備工作進捗(商相、首相に答ふ)
Contents Note 4 満州国の経済建設
Contents Note 5 関門海峡水深十二米計画
Contents Note 6 機械工業と輸出時代へ躍進(未開国を中心に倍増)

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032011013

    Volume - Location Code
    06 電動書架