Holding List

Outline

工学(土木・建築)
1933年11月
工學社(東京工學社)

Status Information

This material is reference only.

Detail

Contents Note 1 〔社説〕
Contents Note 2 都市計画の時代変遷に就て
Contents Note 3 〔論評〕
Contents Note 4 我観道路法(一二)(工学士 村上元紀)
Contents Note 5 〔研究〕
Contents Note 6 工学上の問題としての混凝土の基礎(工学士 野澤房敬)
Contents Note 1 アンバーーセン型中空式堰堤計算(工学士 松澤太郎)
Contents Note 2 既設建造物は空襲に対し如何にすべきや(築城部 友田寅吉)
Contents Note 3 〔報告〕
Contents Note 4 黒部堰堤築造工事報告(篠瀨生)
Contents Note 5 〔資料〕
Contents Note 6 土木事業に関して(間崎則質)
Contents Note 1 研究余録(三)(鉄道省大阪改良事務所 山本龍也)
Contents Note 2 名古屋市庁舎新築工事概要
Contents Note 3 鉄筋コンクリート柱設計に与へられたる新公式(工学士 中村猪市)
Contents Note 4 〔散録〕
Contents Note 5 技術ニュース(春峯):独逸の驚異的飛行船建造案/欧州の自動車道路の大勢/漳龍鉄道の建設準備進展/欧州鉄道に於ける超特急の大勢/南米向けセメント好勢/地球の速度一分間九千哩/エレヴェーターの速度/大隕石の落下/米国電気学会の泰斗の努力/世界一のレーニン公共図書館/世界最小の共和国と賭博場設置/米国の自動車数減少/
Contents Note 6 :人類の発生地はアフリカの東部/四十年前のフォード第一号車/宮殿を夏期大学校舎に改造/ロシア自動車工業の発達/プラトン・アカデミアの発見/人間の不平等説/燈火油石油発明者の墓が発見/ロシアの北極航空開拓/南極氷野三千哩の探検飛行/吾が上海陸戦隊兵営成る/世界的に失業者減傾向/世界的生物研究所開設
Contents Note 1 〔彙報〕
Contents Note 2 名古屋市水道第四期拡張工事概要
Contents Note 3 名古屋市西部下水道幹線築造工事概要
Contents Note 4 日本は世界第一位綿布輸出国
Contents Note 5 失業者漸減(インフレ景気の反映)
Contents Note 6 自動車車庫建築規定(特殊建築物取締規則中に包含)
Contents Note 1 国鉄収入インフレ反映で続増(本年累計二億二千二百万円)
Contents Note 2 機業人絹綿交織に転換(前年に比し三倍増)
Contents Note 3 京清線直通開始(日満間距離短縮と裏日本色めく)
Contents Note 4 百廿一都市の八年度予算(八億八百万円)

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032011014

    Volume - Location Code
    06 電動書架