Holding List

Outline

工学(土木・建築)
1936年01月
工學社(東京工學社)

Status Information

This material is reference only.

Detail

Contents Note 1 〔社説〕
Contents Note 2 緑地の廃頽と非建築地問題
Contents Note 3 〔論評〕
Contents Note 4 技術に血あり涙あり(工学士 村上元紀)
Contents Note 5 砂防施設と東海道線草津川々底トンネルの推移(山本德三郎)
Contents Note 6 極端なる治水批判(山本生)
Contents Note 1 〔研究〕
Contents Note 2 鉄筋混凝土板柵下水(東京市土木局下水課 有元岩鶴)
Contents Note 3 深層基礎工事の研究(橋梁工事の研究資料の三)(顧問技師 田村與吉)
Contents Note 4 最小自乗法(三)(工学士 H.生)
Contents Note 5 〔資料〕
Contents Note 6 諸名士の観たる都下の優秀建設物(堀口捨已/大熊喜邦/有元岩鶴/志知勇次/須藤眞金/津田鑿/藏田周忠/遠藤於菟/田村與吉/佐藤武夫/尾崎久助/内田祥三/木村榮二郎/長崎敏音)
Contents Note 1 吾が邦の発明発見(技師 長崎敏音)
Contents Note 2 国有鉄道四線開通(三呉 土讃 小海 松坂線)
Contents Note 3 和英工学語彙(二十)(工学士 M生)
Contents Note 4 東京市の土木事業(二)
Contents Note 5 〔土木講座〕
Contents Note 6 灌漑排水(二)(工学士 百瀨泰次郎)
Contents Note 1 〔散録〕
Contents Note 2 技術者評 建築界の新進権威 工学士 尾崎久助君を語る(S.K生)
Contents Note 3 技術及工業雑記(技師 春峯):満州土木建築景気情勢/綿布で道路を築く/鋼鉄切断のエレクトリック・ドリル/自動車の走行条件と道路/胡蘆島築港着工/大西洋海底トンネルと科学の夢
Contents Note 4 〔彙報〕
Contents Note 5 山陽線の単線計画(和気有年間の新鮮を計画)
Contents Note 6 高速鉄道新宿線本春工事着手
Contents Note 1 汽車と電車型式の新傾向
Contents Note 2 関門トンネル明年度着手(弟子待、小森江線を採用に決定)
Contents Note 3 日本的で簡素な平民工芸擡頭(最近工芸界の新傾向)
Contents Note 4 養老瀧中心の日本一大自然美公園(渓谷を取入れ面積廿八萬坪)
Contents Note 5 東洋一の水車工場落成

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032011016

    Volume - Location Code
    06 電動書架