Holding List

Outline

工学(土木・建築)
1936年07月
工學社(東京工學社)

Status Information

This material is reference only.

Detail

Volume - Feature Article 『橋の會』座談会
Contents Note 1 〔社説〕史道刷新と都市の土木事務向上方策
Contents Note 2 〔論評〕
Contents Note 3 明治十一年から大正にかけとげた東京に於ける橋梁の進歩(顧問技師 田村與吉)
Contents Note 4 〔特集〕
Contents Note 5 第三回『橋の會』座談会(高木精一/岡山銀次郎/北澤惇夫/田村與吉/有元岩鶴/樺島正義/佐藤三四郎/稲葉愿/吉田貞/塚田松二)
Contents Note 6 〔研究〕
Contents Note 1 土圧理論(上)(I.N.)
Contents Note 2 国防と都市建築:挨拶(早稲田大学教授 工学博士 佐藤功一氏)/防空と都市・蜂の巣戦術と空襲(海軍中将 四王天延孝氏)/吾都市は無防備状態 仮装と実践の相違/武装完了の独逸都市爆弾の威力と対策(工兵中佐 小倉尚氏)
Contents Note 3 近世図表学の概要と其の応用(二)(工学士 横山不学)
Contents Note 4 丸の内・第一生命保険相互会社 新館工事と深層建築(早大附属工手学校講師 深礎工業社技師 工学士 石川徹)
Contents Note 5 農家の改良便所の造り方(内務省式)
Contents Note 6 〔講演〕
Contents Note 1 東京港の今昔(東京市港湾部長 鈴木榮一郎)
Contents Note 2 〔資料〕
Contents Note 3 大阪市木津川運河大船橋竣功工事概要(S.K.生)
Contents Note 4 吾が邦の発明発見(七)(技師 長崎敏音):小型無線施設の画期的成功/強靭且つ廉価なセメント自装紙の発明/ワラと粘土から工芸品を創作/胃癌全治の発明/農民の吸血鬼穀象虫の駆除法発見/突起ある陶磁器のスピード製造と接着手数を省く発明/外国品を凌ぐ優秀録音機完成/方向指示器(輪禍除け)の発明/火薬爆発瞬間も写るフイルム発明/人を轢かぬ自動車の救命機発明/木炭瓦斯発生機の発達
Contents Note 5 和英工学語彙(二十四)(工学士 M生)
Contents Note 6 川崎鉄鋼工場の河川工法紙上品評会に就て
Contents Note 1 〔土木講座〕
Contents Note 2 灌漑排水(八)(工学士 百瀨泰次郎)
Contents Note 3 実用構築静力学(二)(工学士 徳善義光)
Contents Note 4 〔散録〕
Contents Note 5 最近の吾土木建築のニュース(技師 び.な.):近代ゴシック風に荘重な古典味の金城女専講堂/同大電力笠置ダム大発電所と遊園地化計画/鴨緑江の大鉄橋新架計画/森林治水試験所の開設/大名古屋玄関の美観街区画整理着工/富山に北陸セメント設立計画(資本三百萬円・不公募)/半島開発の動力虚川江水電着工(七千萬円、十二ヶ年継続事業)/北鮮の工業景気/新流速公式の創造
Contents Note 6 技術及工業雑記(七)(技師 春峯):満州洋灰需要活況/南京政府の大無電台計画/日本一の大電気炉/米海軍真珠湾に世界一の浮ドック建設/世界七大国の軍用機調
Contents Note 1 〔彙報〕
Contents Note 2 水田を貯水池とし灌水を温める計画(山形県一部落の苗代冷害対策)
Contents Note 3 東邦に単独火力を認可(今後は共火一本槍)

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032011022

    Volume - Location Code
    06 電動書架