Holding List

Outline

工学(土木・建築)
1936年09月
工學社(東京工學社)

Status Information

This material is reference only.

Detail

Volume - Feature Article 『橋の會』座談会
Contents Note 1 〔社説〕鉄道技術官吏の瀆職について
Contents Note 2 〔論評〕
Contents Note 3 橋梁と其環境(径間の問題、ライン架橋と其自然、日米の鉄道橋、震災後の復興橋梁)(顧問技師 田村與吉)
Contents Note 4 新潟貯蓄銀行一支店の設計に就て(清水組設計部部長 矢田茂/技師 半井直彦)
Contents Note 5 〔特集〕
Contents Note 6 第四回 『橋の會』座談会(樺島正義/田村與吉/有元岩鶴/稲葉愿/坂本辰三郎/海老原國太郎/岡山銀次郎/北澤惇夫/高木精一/荒川惠助/吉田貞/塚田松二)
Contents Note 1 〔研究〕
Contents Note 2 近世図表学の概要と其の応用(四)(工学士 横山不學)
Contents Note 3 〔資料〕
Contents Note 4 吾が邦の発明発見(九)(技師 長崎敏音):無雑音の超再生式受信機の発明/ガソリン固形化の発明/大理石塗りの発明/藁から食用粉製出の発明/三原山の火山灰から瓦の発明/防毒鉄兜を発明/絹の新規用途発明/下水ヒューム管と特殊接手の改良/無水アルコール増産と考究/吾が技術家の海外招聘(新興アフガニスタンへ農業指導/暹羅土木事業に我れの参加懇請)
Contents Note 5 和英工学語彙(二七)(工学士 M生)
Contents Note 6 最近の吾が土木建築ニュース(三)(技師 び、な、):名古屋大須盛場仲見世街の建設計画/本年度開通の鉄道廿二線/電力国営案の大綱/名古屋港第四次拡張工事と工業港/六大都市及北九州に一大防空施設の計画/電力国営と国鉄の電化/新京郊外に二十萬坪の湖水計画/満州森林開発の五鉄道線敷設
Contents Note 1 混凝土に対する知識(海老原國太郎)
Contents Note 2 海老原君の米国に於ける『セメント混凝土に対する知識』に題して(顧問技師 田村與吉)
Contents Note 3 〔土木講座〕
Contents Note 4 灌漑排水(十)(工学士 百瀨泰次郎)
Contents Note 5 実用構築静力学(四)(工学士 德善義光)
Contents Note 6 〔散録〕
Contents Note 1 技術及工業雑記(九)(技師 春峯):十車輪の新トラックの出現/大洪水に備える開放自在の橋梁出現/空のタクシー近距離の新標準機成る/発電工事未済の水利権三百ケ所/燃料経済の新気化器/米国の車両製作風景/大豆から自動車の部分品製作/空気で波を沈静する発明/ベリウム原鉱発見/満州国都市計画法制定/御真影奉安庫と模範的構造の指導/公吏の退隠料は差押出来ぬ
Contents Note 2 〔紹介〕
Contents Note 3 ジョインタイト(コンクリート用アスファルト目地板)
Contents Note 4 特許間式井筒基礎(二)
Contents Note 5 〔彙報〕
Contents Note 6 慰霊塔建設と土木建築殉職者慰霊祭
Contents Note 1 ビル街の火災に備ふブロック消火栓(日本橋の銀行街完成)
Contents Note 2 一萬キロの火力発電所 日本海電気へ設立認可

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032011024

    Volume - Location Code
    06 電動書架