Holding List

Outline

工学(土木・建築)
1937年10月
工學社(東京工學社)

Status Information

This material is reference only.

Detail

Contents Note 1 〔社説〕都市の公営事業に就て
Contents Note 2 〔論評〕
Contents Note 3 橋梁と其環境(一二)(顧問技師 田村與吉)
Contents Note 4 平田氏の『岡山県に於ける溜池の溜水量調査報告』に就て-岡山県下並少雨地方農民の生命線を支配する-(山本德三郎)
Contents Note 5 〔研究〕
Contents Note 6 近世図表学の概要と其の応用(一四)(工学士 横山不學)
Contents Note 1 最小自乗法(一〇)(工学士 H生)
Contents Note 2 尾久式千米直線ボートコース測量に就て(早稲田高等工学校講師 有元岩鶴)
Contents Note 3 三角形の解法と其の応用(一一)(工学士 相澤時正)
Contents Note 4 地方財政と土木費との比較(有元)
Contents Note 5 〔実験〕
Contents Note 6 実物と同じ蓋鞘場合に就いての実験(五)(白石信親 述):トラス特に鉄塔や鉄柱に関しての実験/圧力の外に張力や推力が働く基礎に就ての実験/爆薬で地中に空洞を作り、其の中に混凝土を押込んで拵へた基礎体に就ての実験/一般基礎杭に関する実験
Contents Note 1 〔資料〕
Contents Note 2 吾が邦の発明発見(九)(呉市土木部長 長崎敏音):美術吹付塗装機の実現/聴音機に就て/中島送風機と新機軸発揮/日本鉄道式軌條探傷車の栄誉
Contents Note 3 パルプ資材自給策(二)
Contents Note 4 後楽園スタヂアム工事概要
Contents Note 5 土木建築材料の市長調(三)
Contents Note 6 丁丑土木建築ニュース(一〇)(技師 奈賀崎俊音):内鮮海底トンネル有望/三信鉄道全通/東京新宿駅裏表両口連絡地下道着工/発送電五年計画と電気委員会の決定案/シャム国の近代港新築と海国日本設計競争/一都市一飛行場遂行案/外苑を中心に東京新道路網案成る/電力統制案と官民協議会の設置/湊川神社に日本一の大鳥居建設/未開発電力の国家開発と大阪工業会/大阪の動的博物館建設
Contents Note 1 防空法の実施(十月一日に繰上げ)
Contents Note 2 〔彙報〕
Contents Note 3 下関市と彦島を続く(名高い急湖を堰止める)
Contents Note 4 ローマ字論争日本式に凱歌(漸進改良主義)
Contents Note 5 未開発電力開発促進建議(大商で決定)
Contents Note 6 製鉄事業法施行令要綱
Contents Note 1 日本一の浚渫船(宇部港拡築用に建造)

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032011037

    Volume - Location Code
    06 電動書架