Holding List

Outline

工学(土木・建築)
1937年06月
工學社(東京工學社)

Status Information

This material is reference only.

Detail

Contents Note 1 〔社説〕工業の隆盛と技術家の養成問題
Contents Note 2 〔論評〕
Contents Note 3 橋梁と其環境(九)(顧問技師 田村與吉)
Contents Note 4 〔研究〕
Contents Note 5 近世図表学の概要と其の応用(一一)(工学士 横山不學)
Contents Note 6 焼夷弾の作用とその対策(工学博士 内田祥三 外)
Contents Note 1 〔実験〕
Contents Note 2 実物と同じ太さや場合に就いての実験(二)(白石信親 述):トラス特に鉄塔や鉄柱に関しての実験/圧力の外に張力や推力が働く基礎に就ての実験/爆薬で地中に空洞を作り、其の中に混凝土を押込んで拵へた基礎体に就いての実験/一般基礎杭に関する実験
Contents Note 3 〔報告〕
Contents Note 4 水力発電用鉄筋混凝土拱形水路橋架設(三)(大井高等学院長 篠瀨玉造)
Contents Note 5 〔資料〕
Contents Note 6 吾が邦の発明発見(六)(技師 長崎敏音):海底電線の故障測定と電送写真のフェーディング防止の発明/新染色法の研究完成/ダニエル彗星の発見/鉄材を使用セざる鉄筋橋梁設計の研究/炭酸マグネシウムの廃物利用と耐火煉瓦製造の完成/稗の研究により米と仝様なる栄養率の発見/樋渡氏発明の安全パラシュート試験降下成功/天然瓦斯より硫安十萬瓲製出進捗/風土病ヂストマの棲処は木曽、長良と発見/甘藷界に戦慄すべき黒班病の正体発見
Contents Note 1 小石川区役所庁舎新築工事概要
Contents Note 2 財団法人海軍館工事概要
Contents Note 3 濶葉樹の利用と染色(二)
Contents Note 4 電気銅に就て
Contents Note 5 丁丑土木建築ニュース(六)(技師 び、な、):二月中の建築は指数上昇す/発電所の自家用認可と新方針/満鉄の第五次産業線の第一期事業/早大の大拡張計画と大隈公記念事業/アルプス産業観光道路進捗/東京市三河島汚水処分場の設備と拡張工事の状況
Contents Note 6 〔彙報〕
Contents Note 1 交通禍犠牲者の遺族生活保障の新判例
Contents Note 2 鉄使用節約に関し処理方針通牒(内務省、各地方長官に)

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032011033

    Volume - Location Code
    06 電動書架