Holding List

Outline

工学(土木・建築)
1937年04月
工學社(東京工學社)

Status Information

This material is reference only.

Detail

Contents Note 1 〔社説〕本邦電力界の趨勢に就て
Contents Note 2 〔論評〕
Contents Note 3 橋梁と其環境(七)(顧問技師 田村與吉)
Contents Note 4 溜池溜量と水源涵養は一緒にされない(山本德三郎)
Contents Note 5 〔研究〕
Contents Note 6 基礎工事設計誤算失敗実例の数種及その対策について(三)(深礎工業社技師 早大工手学校講師 工学士 石川徹)
Contents Note 1 三角形の解法と其の応用(六)(工学士 相澤時正)
Contents Note 2 〔報告〕
Contents Note 3 水力発電用鉄筋混凝土拱形水路橋架設(大井高等学院長 篠瀨玉造)
Contents Note 4 〔資料〕
Contents Note 5 吾が邦の発明発見(四)(技師 長崎敏音):洋風マガイの建築用に土焼平板を考案/金粉印刷インキの発明と世界的誇り/船底腐食防止の新塗料発見/廃物の豆柄からパルプを作る発明と人絹界の画期/恙虫病の完全予防法発見/超スピードの醤油醸造法/寒天硬軟度の正確な測定装置の発明/人絹織物の防皺加工完成/新落下傘用布の発明/雌雛の確実孵化を完成
Contents Note 6 東京市水道多摩川調布取入口海水防止堰概要(東京市土木局給水課工務掛長 技師 加納豊彦)
Contents Note 1 東京市中央卸売市場豊島分場概要(東京市土木局建築課 第三営繕掛長 技師 石原憲治)
Contents Note 2 丁丑土木建築ニュース(四)(技師 び、な、):全電孤熔接建築を日本で成功と漸次普及/定山渓の新名所八萬坪の湖水出現/京浜運河工事の社会問題化/雨龍川上流に日本一の貯水池と王子系の発電計画/土木建築の景気と斯業者の再認識論/土木建築界の二問題/松花江の水力発電所着手
Contents Note 3 改正工場法施行令の扶助規定に就て
Contents Note 4 今の銑鉄に就いて(二)
Contents Note 5 石炭に就いて
Contents Note 6 〔彙報〕
Contents Note 1 尨大の燃料国策の全貌
Contents Note 2 東拓江界水力設立内認可
Contents Note 3 東電の電源開発五六年後までに五十七萬キロ
Contents Note 4 造船所一斉拡張断行(大戦以来の春を謳歌)
Contents Note 5 電気炉製鋼による貧鉱処理の第一矢(日本電工、片倉と提携)

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032011031

    Volume - Location Code
    06 電動書架