Holding List

Outline

工学(土木・建築)
1937年02月
工學社(東京工學社)

Status Information

This material is reference only.

Detail

Contents Note 1 〔社説〕橋梁と美的設計に就て
Contents Note 2 〔論評〕橋梁と其環境(五)(顧問技師 田村與吉)
Contents Note 3 〔研究〕
Contents Note 4 水力発電使用水量の経済的研究に就て(信濃川支流中津川)(大井高等学院長 篠瀨玉造)
Contents Note 5 近世図表学の概要と其応用(八)(工学士 横山不學)
Contents Note 6 最小自乗法(一〇)(工学士 H生)
Contents Note 1 三角形の解法と其の応用(四)(工学士 相澤時正)
Contents Note 2 〔資料〕
Contents Note 3 偏重教育に対する米大統領の訓示と「コムトン」氏の答申(長尾昌平)
Contents Note 4 吾が邦の発明発見(二)(技師 長崎敏音):人絹屑利用と羊毛代用品再生産を完成/相対性原理を磨す日本数学の波動幾何学と英国学徒の帰依/桑條より製紙人絹原料としてのパルプ採取に成功/桑の水耕法新に完成と学界にヒット/自動給炭機発明と燃料経済の成功/乗用水田の馬耙の発明/稲藁高梁稈より人造板製出成功/塵埃よりアルコール製出の研究と工業化/気圧ハンマーの発明考案/万能研磨機の完成/人纎の混紡糸完成と人繊織物の前途
Contents Note 5 和英工学語彙(三〇)(工学士 M.生)
Contents Note 6 新築東京市区役所庁舎二工事概要
Contents Note 1 丁丑土木建築ニュース(二)(技師 び.な.):洋灰に対し統制命令と合理局顧問会議/名古屋市開催汎太平洋平和博覧界の規模/朝鮮土木界は黄金時代/北鮮に大港市建設と満鉄の乗出し/木曽川下流増補工事の起工/新潟港の記念日本海博覧会設計/茂山開発と日鉄が清津に溶鉱炉建設案/羽田飛行場の大拡張と名実共に国際航空港の実現/市ヶ谷刑務所の竣工宛然文化アパート/宇佐見隧道の貫通成功/川口放送局大アンテナ建設
Contents Note 2 〔散録〕
Contents Note 3 昭和十二年の覚帳(二)(技師 春峯):フロリダ半島の横断運河計画案/東京工大の精密機械研究所設置案/吾が無線工学は世界一/自動車運転に天然ガス利用/電気殺虫器の考案/泥田耕作と馬の鉄板沓の考案/新考案の手挽鋸/米国布哇真珠湾に大乾船渠建造計画/吾が商品の北米および英国行き/吾が化学金属機械の躍進と軍需景気の浸透/下請工業助成と工業の地方化促進計画/商業道徳の新判決例/漁業に飛行機気電の応用例/脚気解消とヴイタミンBの結晶体抽出
Contents Note 4 〔彙報〕
Contents Note 5 米国の大洪水
Contents Note 6 木材飢饉と日本学術振興会の発表

Holding List

Holding1 items
  • 1
    Registration No.

    032011029

    Volume - Location Code
    06 電動書架