Material detail

Outline

SD
SD
スペースデザイン
鹿島出版会
9

Status Information

Binding already

Detail

Jpn. or Foreign
和雑誌
Title SD スペースデザイン
Volume - Years of Serial 2000年11月
Volume - Vol. No. (434)
Volume - Feature Article ヒューマン・センター・デザインの可能性 アドバンスト・プロダクト・デザインからソーシャルデザインまで
Volume - Location Code
06 電動書架
Contents Note 1 ヒューマン・センター・デザイン序説(彦坂裕)
Contents Note 2 ヒューマン・センター・デザイン(HCD)領域の構図
Contents Note 3 ギャラリーHCD
Contents Note 4 座談会:ヒューマン・センター・デザインの可能性 柏木博×川崎和男×彦坂裕
Contents Note 5 DesignGreat:次世紀への構想と実践(川崎和郎)
Contents Note 6 タンジブルを越えて(吉本光宏)
Contents Note 1 「経験経済」へ向けてのユースウェア、ソーシャルウェア(渡辺保史)
Contents Note 2 協働の知のスタイルをデザインする:「コミュニティ」「デザイン」「ラーニング」をめぐって(渡辺保史)
Contents Note 3 インタビュー:プロセスを通じた新たなコミュニティ・デザイン:住民参加の映画づくり(中村考)
Contents Note 4 21世紀のデザイン・パラダイム:エコロジーとテクノロジーの融合(魚住早智子)
Contents Note 5 インタビュー:サイバー・スフィアと六つのスフィア ジョン・アレン
Contents Note 6 関係的存在としての建築へ向けて:荒川+ギンズの建築を通して
Contents Note 1 コラムHCD
Contents Note 2 あらゆる身体のための衣をめざして(岩川千歩)
Contents Note 3 ヒューマン・センター・デザイン・プロセス:共生するデザインへの道のり(魚住早智子)
Contents Note 4 情緒の歌を奏でるミニマリスト(魚住早智子)
Contents Note 5 マテリアル・コネクション:心と物の出会いの場(魚住早智子)
Contents Note 6 知は、臨在すべき場所で、聴取に黙する自身を、見出すことができるか(盛岡祥倫)
Contents Note 1 宮崎浩の“透明なスペース” 住宅から公共建築まで最新作3題:tag/再生木ルーバーハウス/道の駅「仁保の郷」
Contents Note 2 透明への誘惑とその処方他(椎名英三)
Contents Note 3 水陸両用居住のためのデザイン2(石田壽一 ほか)
Contents Note 4 など