Material detail

Outline

コウガク(ドボク・ケンチク)
工学(土木・建築)
工學社(東京工學社)
9

Status Information

This material is reference only.
Binding already

Detail

Jpn. or Foreign
和雑誌
Title 工学(土木・建築)
Volume - Years of Serial 1936年12月
Volume - Vol. No. Vol.24 No.12 (268)
Volume - Location Code
06 電動書架
Contents Note 1 〔社説〕吏道刷新と現内閣
Contents Note 2 〔論評〕
Contents Note 3 成林に関する二問(山本德三郎)
Contents Note 4 橋梁と其環境(三)(顧問技師 田村與吉)
Contents Note 5 〔研究〕
Contents Note 6 雨水流下量の測定(三)(上田収司)
Contents Note 1 近世図表学の概要と其の応用(六)(工学士 横山不學)
Contents Note 2 最小自乗法(九)(工学士 H生)
Contents Note 3 〔報告〕
Contents Note 4 東京湾汽船発着所新築工事に就て(東京湾汽船株式会社事業課長 安井丞)
Contents Note 5 成林と流出量に対する一部学者の異説(世人は妄説に眩惑せられざるを要す)(山本德三郎)
Contents Note 6 〔資料〕
Contents Note 1 吾が邦の発明発見(一二)(技師 長崎敏音):石炭を良く燃す液の発明/新天然色を映画へ発明/満州に油化工業を創立し石炭液化を企つ/全身の力を測る体育バロメーターの発明/藁高梁に海水を作用せしめ人絹パルプ製出の発明/檜からパルプを製出の新方法/無線の盗み聴き無用の大発明/放火犯人Xを発く化学分析完成/防錆装飾の新塗料出現/自転車の自動変速機の発明/盲目を開く開眼手術の成功/篩絹の国産大成功と日本蚕業の誇り
Contents Note 2 琵琶湖周遊道路工事概要
Contents Note 3 最近の吾が土木建築ニュース(六)(技師 び.な.):防空建築の一方法と鎧網式耐爆床版/百貨店の拡張新設続出情勢/名古屋と小浜間の省営バス計画/司法当局が不正請負工事防止の考究/住宅建方改善十ヶ条/名古屋港臨港線の延長明年一杯に完成/世界第二の貯水池東京水道小河内の大工事/外人観光客と県営ホテル各地に計画さる/農漁山村救済と機械工業扶植を商工省計画/黒部橋の横腹に雪のトンネルを抜く
Contents Note 4 帝国議会議事堂建築の概要
Contents Note 5 特殊建築物の新建築規則成る(二)
Contents Note 6 〔土木講座〕
Contents Note 1 灌漑排水(十三)(工学士 百瀨泰次郎)
Contents Note 2 実用構築静力学(七)(工学士 德善義光)
Contents Note 3 〔散録〕
Contents Note 4 技術及工業雑記(一二)(技師 春峯):石灰液化の官民営の可否/観光道路と建設促進/関門隧道の複線化実現早しの説/死人を蘇生させる実験/英領クリプス島から日本品の熱望/紐育の自動車展覧会/虎林、新義両鉄道開通/日本エレベーター工業と輸出時代進出
Contents Note 5 〔土木建築関係材料値段表〕
Contents Note 6 〔彙報〕
Contents Note 1 地方鉄道政策更新と補助期間延長
Contents Note 2 四年後のオリンピック施設計画と技師饑饉
Contents Note 3 球転歩の電源開発と相次で竣工する発電所
Contents Note 4 名古屋中村公園の拡張
Contents Note 5 電気自動車を大阪市電気局試用
Contents Note 6 土管の代用に柴の暗渠排水(泥炭地などの耕作に便利)
Contents Note 1 矢作水力豊発電所年内に竣工
Contents Note 2 玉蜀黍の稈を防弾、防音、防湿装置の原料に
Contents Note 3 吾国最初のニッケル会社創立
Contents Note 4 国鉄二俣西線開通
Contents Note 5 名古屋駅に新ホテル建設
Contents Note 6 高知県下に灌漑と発電及用水ダム
Contents Note 1 工業都市東京の全貌(動力六十五萬馬力生産額十六億円)
Contents Note 2 木炭をたいて走る林道軌道
Contents Note 3 関門トンネルに硯石の断層発見